教皇フランシスコ、2019年8月11日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2019年8月11日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日の福音朗読(ルカ12・32-48参照)の中でイエスは、つねに目覚めているよう弟子たちに呼びかけます。何のためでしょうか。わたしたちの人生をつねに通っておられる神の到来に気づくためです。そしてイエスは、正しく準備する方法を教えておられます。「腰に帯を締め、ともし火をともしていなさい」(35節)。まさしくその通りです。まず「腰に帯を締めます」。それは旅立つ備えをした巡礼者の姿を思わせる姿です。ゆったりと根を下ろして住む所を確保するのではなく、なすがままに自分の身をゆだね、純真さをもって自らを開け放ち、神が自分の人生を通られることを信じ、次の目的地へと導いてくださる神のみ旨を信頼するのです。主はつねにわたしたちとともに歩いておられます。そして困難な旅路で過ちを犯さないよう、ときにはわたしたちの手をとって導いてくださいます。神を信じる人は、信仰生活とはじっとしていることではなく、動いていることだということをしっかりと認識しています。信仰生活とは、主ご自身によって日々示される新しい場所へと旅を続けることにほかなりません。イエスは驚きの主、新しさの主、まさに真の新しさの主なのです。

 まず「腰に帯を締める」こと、その次には、夜の闇を照らすために「ともし火をともしている」ことが求められます。つまり、人生の多くの「闇」を照らせるよう、真の信仰をはぐくむよう求められているのです。だれでも霊的な真の闇を体験することを、わたしたちは知っています。祈りとみことばへの傾聴を通して心の中でイエスと出会うことによって、信仰のともし火をはぐくみ続けなければなりません。これまで繰り返し述べてきたことをまた言いたいと思います。いつでも読めるように、福音書の小冊子をポケットやバックに入れて持ち歩いてください。それにより、イエスとみことばに出会うことができるのです。このともし火は、祈りとみことばのうちにもたらされるイエスとの出会いであり、すべての人の幸せのためにわたしたちに託されています。ですから、他者のことには無関心で、自分が確実に救われることしか考えないような状態へと安易に後戻りしてはなりません。自分で自分の心を照らせると考えるのは妄想です。そうです。それはあり得ないことです。真の信仰とは、隣人へと心を開け放ち、兄弟姉妹、とりわけ困窮している人々との具体的な交わりへと導くものです。

 このことを理解する手助けとして、婚宴から主人が戻るのを待っているしもべのたとえ話(36-40節)をすることにより、イエスは目覚めていることのもう一つの側面を明らかにしています。それは、最後の決定的な主との出会いに向けて準備するということです。わたしたちのだれもが、そうした出会いの日をいつか体験します。だれにでも、自分の最終的な出会いの日があります。主は言われます。「主人が帰って来たとき、目を覚ましているのを見られるしもべたちは幸いだ。……主人が真夜中に帰っても、夜明けに帰っても、目を覚ましているのを見られるしもべたちは幸いだ」(37-38節)。このことばを通して主が伝えておられることは、人生は永遠に向けた旅であること。さらには、「わたしたちはこの地上に永続する都を持っておらず、来るべき都を探し求めている」(ヘブライ13・14)ことを決して忘れずに、自分のすべての才能を駆使しなければならないということです。ですから、一瞬一瞬が大切です。わたしたちは、天の国を待ち望みながら、この地上に生き、行動しなければなりません。地上に足を踏みしめ、地上を歩き、地上で働き、地上で善いことをしながら、心では天の国を待ち望み続けるのです。

 至上の喜びとはどんなものなのか、わたしたちは真に知ることはできません。しかし、自分が戻るのを起きて待っていたしもべたちの主人のたとえ話をすることによって、イエスはその喜びを感じさせてくれます。「主人は帯を締めて、このしもべたちを食事の席に着かせ、そばに来て給仕してくれる」(37節)。天の国の永遠の喜びとは、このようなものです。状況は逆転します。わたしたちがしもべとして神に仕えるのではなく、神ご自身がわたしたちに仕えてくださいます。そして今この瞬間にも、イエスはそうしておられます。わたしたちのために祈り、わたしたちを見守り、わたしたちのために御父に祈ってくださいます。イエスがわたしたちに仕えてくださることこそが、決定的な喜びです。いつくしみに包まれた御父との最終的な出会いについて考えるとき、わたしたちは希望に満たされます。そして、自らを清め、より正しく兄弟愛に満ちた世界を築くために、つねに努力するよう駆り立てられるのです。

 おとめマリアがわたしたちの努力を、母としての執り成しによって支えてくださいますように。

PAGE TOP