教皇フランシスコ、2019年8月18日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2019年8月18日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日の福音朗読(ルカ12・49-53参照)の中でイエスは、決断の時が来たと弟子たちに警告します。イエスがこの世に来られたときは、まさに決定的な決断を下すときでした。選択を遅らせることは、福音においては不可能なことです。イエスはその警告を分かりやすく説明するために、ご自分が投じるために地上に来られた、その炎のことを語ります。イエスは言います。「わたしが来たのは、地上に火を投ずるためである。その火がすでに燃えていたらと、どんなに願っていることか」(49節)。このことばは、神の愛の炎を受けるために、怠惰で冷淡で無関心で閉鎖的な態度を捨て去るよう弟子たちを説得することを目的としています。聖パウロが伝えているように、その愛は「聖霊によって……わたしたちの心に注がれてい」(ローマ5・5)ます。わたしたちが神を愛し、隣人を愛することができるのは、まさに聖霊のおかげだからです。わたしたちは皆、その聖霊を心の中に抱いているのです。

 イエスはご自分の切なる願いを、ご自身の友に、そしてわたしたちにも知らせてくださいます。それは、いのちを照らすことを通して人々を救うことのできる、神の愛の炎を地上に広めたいという願いです。イエスはその炎を世界中に広めるようわたしたちに呼びかけておられます。その炎があるからこそ、わたしたちはイエスの真の弟子として認められるのです。キリストによって、そして聖霊を通して、地上に燃えるこの愛の炎は、境界線のない普遍的な炎です。初期キリスト教共同体の時代から同じように続いていることですが、福音のあかしは、個人、社会階層、民族、国家の間のあらゆる分裂を超え、いつくしみの炎として広まります。福音のあかしは、あらゆる排他主義を焼き尽くし、もっとも貧しく疎外されている人々をだれよりも大切にしながら、すべての人が愛を受けられるようにします。

 イエスが地上に投じた愛の炎は、わたしたちの存在全体を包み込みます。そして、神を賛美し、すすんで他者のために尽くすようわたしたちに求めます。神を賛美し、すすんで他者に尽くすのです。まず、神を賛美することです。それは、賛美の祈りを唱えるすべを学ぶことでもあります。賛美の祈りは往々にして、忘れられがちです。ですからわたしは、賛美の祈りの素晴らしさを認め、その祈りを幾度も唱えるよう、皆さんにお願いしたいと思います。第二に、他者のためにすすんで尽くすことです。病者、貧しい人、障がいのある人のために、夏の間も奉仕している多くの若者の共同体や団体のことを、わたしは敬意をもって考えます。新たな問題がつねに生じるこの世界の中で、福音の精神に従って生きるためには、新たな愛の推進力をもって応じることのできるキリストの弟子が必要です。このように福音は、神を賛美し、他者に仕えること――神を賛美すると同時に他者に仕えること――を通して、救いの炎として、真の姿を現わします。その炎は、一人ひとりの心を変えることから始めて、世界を変えていくのです。

 こうした視点から考えれば、今日の福音朗読の中のイエスのこのことばも理解できるようになります。それは一見すると、人々をがっかりさせることばに思えます。「あなたがたは、わたしが地上に平和をもたらすために来たと思うのか。そうではない。言っておくが、むしろ分裂だ」(ルカ12・51)。イエスは「その炎によって分裂させる」ために来られました。何を分裂させるのでしょうか。善と悪とを、そして正しいことと正しくないこととを分裂させるのです。このようにイエスは、「分裂」をもたらすために、つまり世俗的な事柄やあらゆる妥協とキリスト者の生活とを両立できると考え、他者に敵対する行動と宗教的な行いとを結びつけられると考えていた弟子たちの生活に、――健全な意味での――「危機感」をもたらすために、来られたのです。真の宗教性を迷信と混同している人もいます。信者だと自称しながらも、占い師に手相を見てもらっている人がどれほどいることでしょう。それはまさしく迷信であり、神からのものではありません。偽善的に生きるのではなく、揺るぎのない選択をし――揺るぎのない態度こそが、生きる上で各自が目指すべきものです――、つねに福音のもとに生きることの代償を払わなければなりません。つねに福音のもとに生きるのです。信者だと自称するのは良いことですが、何よりも大切なのは、具体的な状況の中で福音をあかしすること、つまり神を愛し、隣人を愛することです。

 イエスによって投じられた炎によって心を清められるがままに任せることができるよう、至聖なるマリアがわたしたちを助けてくださいますように。それは、決意と勇気に満ちた選択をすることを通して、人生をかけてその炎を広めるためなのです。

PAGE TOP