教皇フランシスコ、2019年8月25日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2019年8月25日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日の福音朗読(ルカ13・22-30参照)には、エルサレムに行く途中で町や村を巡って教えておられるイエスの姿が示されています。イエスは、わたしたちすべてを救うためにエルサレムでご自分が十字架につけられて死ぬことをご存じです。そうした背景のもとに、ある人がイエスに尋ねます。「主よ、救われる者は少ないのでしょうか」(23節)。当時、そのこと――救われるのは何人で、救われない人は何人なのか――は論議の的になっていましたが、聖書のどの箇所を選ぶかによって、さまざまな解釈がありました。しかしイエスはその質問――「少ないのでしょうか」という、量についての質問――を反転させ、むしろ責任という側面から答えることで、今現在を有効に過ごすよう促します。そしてまさにこう言われます。「狭い戸口から入るように努めなさい。言っておくが、入ろうとしても入れない人が多いのだ」(24節)。

 イエスはこのように答えることにより、それは数の問題ではないことを明らかにしています。天の国では「数を限定すること」などありえません。それよりも、今から正しい道を歩むことが大切です。その道はすべての人に開かれていますが、狭いのです。それこそが問題です。イエスは、「簡単なので心配しなくても大丈夫です。立派な高速道路があって、その先には大きな門があるのです」と言って、偽りの希望を抱かせようとしているのではありません。そうは言わずに、戸口は狭いと語り、物事をあるがままに伝えます。戸口は狭いのです。どういう意味で狭いのでしょうか。自分を救うためには、神と隣人を愛さなければなりませんが、それは簡単ではないという意味で狭いのです。多くのことが求められるからこそ、「戸口は狭い」のです。愛はつねに、多くのことを求めます。愛は努力を、「懸命に尽くすこと」を、つまり福音に従って生きたいと、決意をもって願い続けることを求めます。聖パウロはそのことを「信仰の戦いを立派に戦い抜」(一テモテ6・12)くことと呼んでいます。神と隣人を愛するには、一日中、毎日努力しなければなりません。

 イエスはもっと分かりやすく説明するために、たとえ話を用います。家の主人は、主を象徴しています。家は永遠のいのち、すなわち救いを表しています。そして戸が再び登場します。イエスは言います。「家の主人が立ち上がって、戸を閉めてしまってからでは、あなたがたが外に立って戸をたたき、『御主人様、開けてください』と言っても、『お前たちがどこの者か知らない』という答えが返ってくるだけである」(ルカ13・25)。そこで人々は、主人に自分たちのことを思い出してもらおうとして言います。「ご一緒に食べたり飲んだりしましたし、また、わたしたちの広場でお教えを受けたのです」(26節)。「あなたが説教をしておられるときにそこにいたのです。」それでも主人は、知らないと繰り返し答え、彼らのことを「不義を行う者ども」と呼びます。肝心なのは次のことです。主は肩書によってわたしたちを認識されるのではありません。「しかし主よ、思い出してください。わたしはあの団体に所属し、あの司祭、司教、枢機卿と親しかったのです」。それは通用しません。肩書はまったく関係ありません。主は謙虚な生活、善良な生き方、行動を伴う信仰生活によってのみ、わたしたちをお認めになるのです。

 わたしたちキリスト者にとって、それは祈り、教会に行き、秘跡にあずかり、みことばによって養われることにより、イエスと真に交わるよう招かれていることを意味します。それによりわたしたちは信仰を保ち、希望をはぐくみ、愛の炎を再び燃え立たせることができるのです。ですからわたしたちは、神の恵みを受けつつ、兄弟姉妹の幸せのために生き、あらゆる悪と不正義と戦うことができますし、そうしなければなりません。

 そのことにおいて、おとめマリアがわたしたちを助けてくださいますように。マリアはイエスという狭い戸口を通られました。そしてイエスを全身全霊で受け入れ、たとえ理解できなくとも、また心を剣で刺し貫かれても、生涯、毎日イエスに従いました。だからこそマリアのことを「天の門」、イエスの姿を正確に写した門、み心への門と呼ぶのです。み心は、多くのことを求めますが、わたしたちすべてに開かれているのです。

PAGE TOP