教皇フランシスコ、2019年9月11日一般謁見演説:モザンビーク、マダガスカル、モーリシャスへの司牧訪問

 

教皇フランシスコ、2019年9月11日一般謁見演説
モザンビーク、マダガスカル、モーリシャスへの司牧訪問

兄弟姉妹の皆さん、おはようございます。

 モザンビークとマダガスカルとモーリシャスへの司牧訪問から昨夜、帰国しました。平和と希望の巡礼者としてこの旅に行かせてくださったことを神に感謝すると同時に、各国政府と、深い愛情と細やかな配慮をもってわたしを招き、歓迎してくださった司教団、そしてこの訪問のために懸命に尽くしてくださった教皇大使に、敬意のうちに感謝の意を表します。

 キリストは世界の希望です。そしてすべての民族にとって、キリストの福音は兄弟愛と自由、正義、平和のもっとも力にあふれるパン種です。この訪問においてわたしは、聖なる福音宣教者の足取りをたどりながら、このイエスのパン種をモザンビークとマダガスカルとモーリシャスの人々に伝えようとしました。

 長期にわたる紛争のために深刻な打撃を受け、その上、今年の春に襲った二つのサイクロンのために甚大な被害を受けた地に、希望と平和と和解の種をまくために、わたしはモザンビークを訪れました。教会は、今年8月1日に調印された和平協定のもとに行われているプロセスに寄り添い続けます。この和平プロセスのために懸命に尽くしている聖エジディオ共同体に感謝したいと思います。

 ですからわたしは、共通善のために協力するよう政府当局を促しました。また、平和を築き、落胆や不安を克服し、社会において友情を押し広め、高齢者を大切にするよう、さまざまな宗教の若者を励ましました。無原罪のおとめマリアにささげられたマプト大聖堂では司教と司祭、修道者に会い、ナザレへの道、つまり神の呼びかけとその源を感謝の念をもって思い起こしながら、神に「はい」と答える道を示しました。首都郊外にある、聖エジディオ共同体によって創設されたジンぺト病院には、福音宣教の力強いしるしが表れていました。この病院の中でわたしは、もっとも大切なのは病者と、病者のために働く人々であることを目のあたりにしました。そこにいる人のすべてが同じ宗教に属しているわけはありません。院長はHIV/AIDSの研究に携わる研究者であり、ムスリムですが、聖エジディオ共同体が設立した病院の院長を務めています。皆が人々のために団結し、兄弟姉妹のように結びついています。モザンビークへの司牧訪問はスタジアムでのミサで頂点に達しました。雨が降っていましたが、わたしたちは皆、幸せでした。賛歌が歌われ、宗教的なダンスが踊られ、とても楽しい時間でした。雨は気になりませんでした。そこには「敵を愛しなさい」(ルカ6・27)という主イエスの呼びかけが響いていました。それこそが真の変革の種、暴力を無くし兄弟愛をはぐくむ愛の種なのです。

 マプトから、マダガスカルの首都であるアンタナナリボに移動しました。マダガスカルは天然資源に恵まれた美しい国ですが、深刻な貧困にあえいでいます。わたしはマダガスカルの人々が、伝統的な連帯の精神のもとに逆境を乗り越え、環境と社会的な正義を尊重しながら、発展という未来を築くよう願っています。そうした方向性における預言的なしるしとして、わたしは聖ビンセンシオの宣教会のペドロ・オペカ神父によって造られたアカモソアにある「友情の町」を訪れました。そこでは労働、人間の尊厳、貧しい人への配慮、子どもの教育の問題を結びつけて、対処しています。すべてが福音から力を得ています。わたしはアカモソアにある花崗岩採石場で、労働者のための祈りを神にささげました。

 それからカルメル会をはじめとするさまざまな観想修道会の修道女の皆さんと会いました。信仰と祈りがなければ、人々が住むのにふさわしい町を築くことは決してできません。マダガスカルの司教団との会合では、貧しい人と長老の人々をはじめとする神の民に心を配りつつ、「平和と希望の種をまく人」となるよう改めて呼びかけました。そして、マダガスカルで福者として祭壇に上げられた最初の女性、ヴィクトワール・ラソアマナリボに彼らとともに敬意を表しました。それから大勢の若者とともに――本当に大勢の若者が徹夜の祈りのために集まってくれました――、あかしと歌と踊りに満たされ、祈りをささげました。

 アンタナナリボでの主日のミサは、広大な「教区広場」で行われ、主イエスのもとに大勢の人々が集まりました。最後には、マダガスカルの司祭、奉献生活者、神学生に聖ミカエル神学院で会いました。神を賛美する精神に満たされた集いでした。

 月曜日にはモーリシャス共和国を訪れました。観光地としてよく知られているこの国を選んだのは、さまざまな民族と文化が融合している国だからです。実際、この2世紀の間、主にインドからこの諸島にさまざまな民族がやってきました。そして独立後、この国は経済的にも社会的にも大きく発展しました。諸宗教対話が盛んに行われ、諸宗教の指導者の間で友情が培われています。意外に思えるかもしれませんが、そのように友情をはぐくむことは、彼らにとって自然なことです。司教館に入ると、とても美しい花束が目に入りました。それは兄弟愛のしるしとして大イマーム(ムスリム指導者)から贈られたものでした。

 モーリシャスでのミサは、「モーリシャス一致の使徒」としても知られる福者ジャック・デシレ・ラヴァル神父を記念して、平和の元后マリア記念碑のもとで行われました。キリストの弟子の生き方の指針である真福八端は、利己的で差別的な利益追求という誘惑への特効薬であると同時に、いつくしみと正義と平和に満たされた真の幸せのパン種でもあります。司教団が行っている貧しい人への福音宣教活動にわたしは心を打たれました。その後の政府当局との会談では、さまざまな相違を調和させて共通の取り組みを行っていることをたたえると同時に、民主主義を引き続き受け入れ、維持し、発展させるよう促しました。

 そして昨夜、バチカンに戻りました。わたしはいつも司牧訪問の前後に、「ローマの民の救い」礼拝堂にあるマリア像のもとを訪れ、マリアが道中、母としてわたしに寄り添い、言うべきこととやるべきことを教え、わたしのことばと行いを見守ってくださるよう願い求めます。聖母がともにおられるので、無事に訪問できるのです。

 兄弟姉妹の皆さん、神に感謝しましょう。そしてこの司牧訪問でまかれた種がモザンビークとマダガスカルとモーリシャスの人々に豊かな実りをもたらすよう神に願い求めましょう。

PAGE TOP