教皇フランシスコ、2019年10月20日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2019年10月20日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日の第二朗読では、聖パウロが協力者であるテモテに宛てて記した励ましのことばが読まれます。「みことばをのべ伝えなさい。時が良くても悪くても、それを続けなさい。忍耐と教えを尽くして、とがめ、戒め、勧めなさい」(二テモテ4・2)。強い口調で語られています。テモテは、自分にはみことばを伝える責任があることを実感したにちがいありません。

 あらゆる信者にとって、今日記念される「世界宣教の日」は、みことばを告げ知らせ、熱意も新たにみ国を伝えるために協力する必要のあることを、よりいっそう自覚するのにふさわしい機会です。100年前、教皇ベネディクト十五世は、教会全体に課せられた宣教という使命に新たな勢いを与えるために、使徒的書簡『マキシムム・イルド』を発表しました。ベネディクト十五世は、植民地主義という殻を脱ぎ去り、欧州諸国の膨張主義政策による条件にとらわれないようにするために、世界における宣教を福音的に見直す必要があると警告しました。

 状況が変化した今日もなお、ベネディクト十五世のことばは時宜を得ており、福音の喜ばしい新しさに向けて自らを開け放つために、自分の主張だけを通そうとするあらゆる誘惑や、いかなる司牧的悲観主義も克服するようわたしたちを促しています。グローバリゼーションによって特徴づけられる現代において、キリスト者は、イエスのいつくしみは罪を打ち砕き、希望は恐れを打ち消し、兄弟愛は敵意に勝つというよい知らせを、新たな熱意をもってあらゆる場所に伝えるよう招かれています。グローバリゼーションは、諸民族の独自性を支え、尊重するはずでしたが、いまだに均質化と、権力をめぐる長期的な争いの悪影響を受け続けており、戦争を助長し、地球を傷つけています。キリストはわたしたちの平和です。あらゆる分裂がキリストのうちに克服されます。すべての人と民族の救いは、キリストのうちにのみあるのです。

 この使命を完全に果たすために欠かせないことがあります。それは祈りです。熱心に絶えず祈るのです。「絶えず祈るべきであり、落胆してはならない」(ルカ18・1)と、たとえを用いて今日の福音の中で説いておられるイエスの教えに従うのです。福音をまだ知らない人に福音の光と恵みを伝え、運ぶという困難な責務を、豊かな愛情と感謝の念をもって行っている、宣教する神の民にとって、祈りは何よりも大切な支えです。今日は次のように自問するのにふさわしい機会でもあります。わたしは宣教者のために祈っているだろうか。みことばを、あかしによって伝えるために遠くに出向いている人のために祈っているだろうか。このことについて考えましょう。

 すべての民の母であるマリアが、福音を伝える宣教者に日々寄り添い、守ってくださいますように。

PAGE TOP