教皇フランシスコ、2019年11月3日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2019年11月3日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日の福音朗読(ルカ19・1-10参照)は、エルサレムに行く途中でエリコに立ち寄ったイエスの足取りを伝えています。そこには大勢の群衆がいますが、その中には、ザアカイという「徴税人」の頭がいます。徴税人とは、ローマ帝国のために税金を集めるユダヤ人です。彼は正当な報酬ではなく、「わいろ」を徴収したことによって金持ちになったので、人々からますます軽蔑されています。ザアカイは「イエスがどんな人か見ようとした」(3節)。彼は、イエスにじかに会おうとはしませんが、関心を示します。驚くようなことをしたと言われている人を見たいと思ったのです。好奇心が強いのです。彼は背が低いので、「イエスを見るために」(4節)木に登ります。イエスはその場所に近づくと、上を見上げて彼をご覧になります(5節参照)。

 ここで大切なことは、最初に見たのはザアカイではなくイエスだということです。イエスはご自身の周りの大勢の人々――群衆――の顔の中から、まさに彼の顔を探します。救われるためには主に見ていただく必要があることにわたしたちが気づく前から、主のいつくしみ深いまなざしは、わたしたちに届いています。そして、この主のまなざしから、罪びとの回心という奇跡が始まります。イエスは実に、彼に呼びかけます。名前で呼びかけます。「ザアカイ、急いで降りて来なさい。今日は、ぜひあなたの家に泊まりたい」(5節)。イエスは彼をとがめません。「説教」もしません。ただ、ご自分のもとに来るように言います。「来なさい」。それこそが御父のみ旨だからです。群衆は不平を言いますが、イエスは罪びとであるこの役人の家に泊まることにします。

 このイエスの行いに、わたしたちも戸惑うかもしれません。しかし罪びとをさげすみ、拒絶することは、その人をますます孤立させ、自分自身と共同体に対して犯した悪のうちに凝り固まらせるだけです。そうではなく、神は罪をとがめず、罪びとを救おうとされます。その人を正しい道に戻すために、探しに行かれます。いつくしみ深い神に求められていると感じたことのない人は、イエスがザアカイに示した態度とことばの、計り知れない偉大さをなかなか理解できません。

 イエスが彼を受け入れ、気づかったことにより、彼の考え方は明らかに変わります。他者からだまし取り、人々からますます軽蔑されながら、金銭のためだけに生きることは、どんなに悲しいことであるかを、そのとき彼は悟ります。自分の家に主をお泊めすることにより、彼はあらゆるものを違った視点で捉えられるようになります。彼を見つめたイエスの優しさのかけらをもって、すべてを見られるようになるのです。そして金銭に対する見方と使い方も変わります。だまし取る態度が、与える態度に変わります。実際、彼は自分の財産の半分を貧しい人に与え、だまし取ったものを四倍にして返そうと決意します(8節参照)。ザアカイは無償で愛することは可能であることをイエスから学びます。それまではけちな人でしたが、今は出し惜しみをしなくなっています。それまでは、ため込もうとしましたが、分け合うことに喜びを見いだすようになっています。愛である主に出会うことにより、また罪を犯しても愛されていることを知ることにより、彼は他者を愛せるようになり、金銭を連帯と交わりのしるしとするようになります。

 わたしたちに注がれたイエスのいつくしみ深いまなざしにつねに気づく恵み、そして、過ちを犯した人が、「失われたものを捜して救うために来」(10節)られたイエスを受け入れられるよう、その人のもとに思いやりをもって出向く恵みが、おとめマリアの執り成しによって与えられますように。

PAGE TOP