教皇フランシスコ、2019年11月10日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2019年11月10日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日の福音朗読(ルカ20・27-38参照)は、死者の復活に関するイエスの教えを示しています。復活を信じないサドカイ派の人々がイエスにつめ寄り、狡猾な質問で挑発します。次々と死んでいった7人の兄弟全員の妻となった女性は、復活のときにはだれの妻となるかという質問です。イエスはそのわなにはまらずに、答えます。復活した人は「めとることも嫁ぐこともない。この人たちは、もはや死ぬことがない。天使に等しい者であり、復活にあずかる者として、神の子だからである」(35-36節)。イエスはそう答えます。

 イエスがこの答えによって、何よりもまず、質問者たちに――そしてわたしたちにも――考えるよう招いておられることは、わたしたちが今、生活しているこの地上の次元だけが唯一の次元ではなく、死に決して屈せず、神の子らであることを十全に表す次元が他にも存在するということです。死を超えたいのちに関するイエスのこの簡潔で明解なことばを聞くことにより、深いいやしと大きな希望が得られます。宇宙に関する知識は充分でも、永遠のいのちに関する知恵には欠けている現代において、このことばはなおさら必要です。

 イエスの復活に対する固い確信は、いのちの神への信仰に完全に根差しています。実際、サドカイ派の人々の質問の裏には、より深い問いかけが隠されています。その女性は7人の夫のうちのだれの妻となるのかというだけでなく、彼女のいのちはだれに属すのかという問いかけです。それはあらゆる時代の人々の心に、そしてわたしたちの心にも生じる疑問です。この地上を旅した後、わたしたちのいのちはどうなるのでしょうか。無に帰し、死に属してしまうのでしょうか。

 ご自身の名前を人間の名前と結びつけるほどに、わたしたちを愛し、温かく気づかってくださる神にいのちは属していると、イエスは答えます。神はご自身を「アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神と呼んで、示している。神は死んだ者の神ではなく、生きている者の神なのだ。すべての人は、神によって生きているからである」(37-38節)。きずな、交わり、そして兄弟愛のあるところにのみ、いのちはあります。いのちは、真の結びつきと、信仰に基づくきずなの上に築かれてはじめて、死よりも強いものとなります。それとは逆に、いのちは自分だけのものだと考えて思い上がり、孤立して生きているところには、いのちはありません。そうした態度には、悪がはびこります。自分のためだけに生きるなら、心に死の種をまいています。

 「死者の復活と来世のいのちを待ち望みます」。この使徒信条の最後のことばで宣言されることのうちに、日々生活していけるよう、おとめマリアが助けてくださいますように。

PAGE TOP