教皇フランシスコ、2019年11月17日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2019年11月17日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 典礼暦の最後から二番目の主日である今日の福音(ルカ21・5-19参照)は、終末に関するイエスの教えを伝えています。壮大で輝かしく、人々からあがめられているエルサレムの神殿の前でイエスは語り、そのように偉大で美しい神殿も、「一つの石も崩されずに他の石の上に残ることのない日が来る」(6節)と預言します。イエスによって預言される神殿の崩壊が象徴しているのは、歴史の終わりでも、歴史の限界でもありません。そのしるしはいつ、どこで起こるのか知りたいと望む聴衆の前で、イエスは聖書特有の終末論的なことば遣いで答えます。

 イエスは明らかに相反する二つのイメージを用います。一つは、大災害、戦争、飢餓、暴動、迫害などの、一連の恐ろしい出来事です(同9-12参照)。その一方でイエスは、「あなたがたの髪の毛の一本も決してなくならない」(18節)と約束します。最初に歴史への現実的な視点が示されます。その視点は、被造物、わたしたちの共通の家、そこで生活している人間家族、そしてキリスト教共同体を傷つける大惨事、暴力、トラウマによって特徴づけられます。今、起こっている多くの紛争、度重なる災害について考えましょう。イエスの励ましの中に見られる第二のイメージは、暴力と困難にあふれた、この生きている歴史に、キリスト者はどのような姿勢で臨むべきかを伝えています。

 それでは、キリスト者としての姿勢とはどのようなものでしょうか。それは、悲惨な出来事に打ちのめされずに、神に希望を置く姿勢です。それらの出来事は、「あかしをする機会」(13節)なのです。キリストの弟子は、恐れや不安の奴隷になってはなりません。そうではなく、善にむけた主の働きには、先を見通し、力を与える主の優しさがつねに伴っていることを確信しつつ、悪の破壊的な力に立ち向かいながら、歴史の中で生きなければなりません。それこそが、神の国が近づいていること、つまり神が望まれる世界の実現が近づいていることを如実に表すしるしです。わたしたちを導き、物事の最終的な目的をご存じなのは、主なる神なのです。

 主がわたしたちに望んでおられることは、主とともに平和のつくり手となり、救いと復活という未来に向けた希望のあかし人になりながら、歴史の構築に協力することです。信仰は、イエスの霊は悪の力を、神の愛の力によって打ち負かしてくれるという確信のうちに、ときには非常に険しいこの世の道を、イエスとともに歩ませてくれます。愛は何よりも大切です。愛ほど強いものはありません。愛は神だからです。神は愛です。殉教者が模範を示してくれます。現代にも殉教者はいますし、その数は初期キリスト教時代よりもはるかに多いのです。殉教者は、迫害を受けても、平和の人であり続けます。愛といつくしみの福音という、守り、倣うべき宝を、彼らはわたしたちに託しています。それは、わたしたちに与えられたもっとも尊い宝であると同時に、憎しみに愛で応え、罪にゆるしで応じることを通して、同世代の人々に示すことのできるもっとも力強いあかしでもあります。害を加えられれば、傷つきますが、日常生活においても、心からゆるさなければなりません。憎まれていると感じるときには、その相手に愛をもって報いなければなりません。歴史を導いてくださる主に従い、日々の信仰の歩みを進められるよう、おとめマリアが母としての執り成しによって、わたしたちを支えてくださいますように。

PAGE TOP