教皇フランシスコ、2019年9月22日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2019年9月22日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日の福音朗読(ルカ16・1-13参照)の中のたとえ話の主人公は、ずる賢くて不誠実な管理人です。彼は主人の財産を無駄遣いしていると告げ口され、解雇されそうになります。そのような難しい状況にあっても、彼は反論せず、言い訳しようともせず、落胆もせずに、これからの生活を無事に過ごすための抜け道はないかと考えます。まず、「土を掘る力もないし、物乞いをするのも恥ずかしい」(3節)と言って自分の限界を認め、巧妙に対処します。そしてこれで最後とばかりに主人の財産をくすね取り、ずる賢く振る舞います。主人に借りのある人を呼んで、その借りを減らすことにより、その人と友達になり、あとで返してもらおうとします。これは汚職によって友達を作り、不正行為によって恩を売ることであり、残念ながら今日でもよく行われていることです。

 イエスがこのたとえ話をしたのは、もちろん不誠実さを助長するためではなく、抜け目のない行いを促すためです。イエスはまさに強調しておられます。「主人は、この不正な管理人の抜け目のないやり方をほめた」(8節)。つまり、知恵と抜け目のなさを合わせれば、難局を切り抜けられるということです。このたとえ話を読み解く鍵は、最後に記されたイエスの呼びかけです。「不正にまみれた富で友達を作りなさい。そうしておけば、金がなくなったとき、あなたがたは永遠の住まいに迎え入れてもらえる」(9節)。この箇所は分かりにくいように思われますが、そうではありません。「不正にまみれた富」とは金銭――「悪魔の排泄物」とも呼ばれます――であり、物的な財産全般のことを指します。

 富は、障壁や分裂を生じさせ、差別するよう人を仕向けます。しかしイエスはその逆のことをするよう弟子たちを促します。「富で友達を作りなさい」。それは、財産や富を人間関係と結びつける方法を身につけるようにとの招きです。人は物よりもずっと大切ですし、もっている財産よりもはるかに価値があるからです。実際、人生において実りを結ぶ人とは、財産をたくさんもっている人ではなく、神から与えられたたまものというさまざまな「富」によって、多くの結びつき、多くのかかわり、多くの友情をもって生きる人です。そしてイエスは、ご自分の呼びかけの最終的な目的も伝えておられます。「富で友達を作りなさい。そうしておけば、あなたがたは永遠の住まいに迎え入れてもらえる」。もしわたしたちが富を兄弟愛や連帯に変えることができるなら、主から託された財産を分かち合い、協力して公正に管理した人々が、神とともに天の国でわたしたちを待っていてくれるでしょう。

 兄弟姉妹の皆さん、今日の福音箇所は、主人から解雇された不誠実な管理人の「どうしようか」(3節)という問いかけをわたしたちの心の中にも響かせます。わたしたちの欠点や過ちを前にしてイエスは、犯してしまった悪事は善い行いによってつねにつぐなえるということを約束してくださいます。だれかを泣かせてしまった人が、人を幸せにし、不当に盗み取った人が困っている人に何かを差し出すのです。そうすれば、主は「抜け目なくふるまった」、つまり神の子としての自覚と、天の国のために自らを危険にさらす覚悟をもって行動したと言ってほめてくださいます。

 わたしたちが世俗的な成功ではなく、永遠のいのちを信じつつ、抜け目なくふるまえるよう、おとめマリアが助けてくださいますように。そうすれば、自分たちが助けた相手のうちにわたしたちが主を見て仕えたことを、助けられた当人が最後の審判で証言してくれるでしょう。

PAGE TOP