教皇フランシスコ、2019年12月8日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2019年12月8日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日、わたしたちは待ち望む季節、待降節の中の無原罪の聖マリアの祭日を記念します。神は約束されたことを必ずかなえてくださいますが、この祭日には、人間において、そしておとめマリアの生涯において、すでに行われたことが告げられます。わたしたちは今日、主の母の誕生よりも前にすでに起こっていた、最初の出来事について考えます。マリアの無原罪の御宿りは、まさにマリアのいのちが母の胎内で動き始めた瞬間へと、わたしたちを誘います。そこではすでに神の恵みの愛が働き、人間家族のだれもが受け継ぐ、悪による汚れからマリアを守ります。

 今日の福音では、マリアへの天使のあいさつが唱えられます。「おめでとう、恵まれたかた。主があなたとともにおられる」(ルカ1・28)。神はつねにマリアのことを考えておられ、ご自身の計り知れない計画の中で、マリアが恵みあふれるかた、神の愛に満ちたかたとなるよう望まれます。しかし、恵みに満たされるためには、そのための余地を設け、自分を空にし、身を引かなければなりません。マリアがなさった通りです。マリアは、みことばに耳を傾け、み旨を完全に信頼し、ご自分の人生に無条件でみ旨を受け入れることができました。だからこそ、マリアのうちでみことばが受肉したのです。このことは、マリアが「はい」と答えたおかげで実現しました。イエスの母となる備えをするようマリアに求めた天使に、マリアは答えます。「わたしは主のはしためです。おことばどおり、この身になりますように」(38節)。

 マリアは、どんなに考え込んでも自分自身を見失わず、主の道に障害物を置かず、聖霊の働きに即座に身をゆだね、その働きを受け入れます。マリアはすぐに自分自身のすべてと、全人生とを、神が意のままにお使いになれるようささげます。それにより、みことばと神のみ旨が受肉し、成し遂げられます。神がマリアのために立ててくださった計画に完全に従うことにより、マリアはうぬぼれの影がみじんもない、「この上もなく美しいかた」「この上もなく聖なるかた」となられます。マリアはへりくだっておられます。マリアは謙虚で、小さく、貧しいかたですが、この上もなく優れたかたです。マリアには、神の美が、つまりすべての愛、恵み、自己奉献が映し出されているのです。

 マリアが神の前でへりくだって、ご自分のことを指したことばに注目したいと思います。マリアはご自身のことを、「主のはしため」と言います。神に対するマリアの「はい」は、奉仕する姿勢、他者が必要としていることに目を向ける姿勢として最初から表れています。受胎告知のすぐ後に、エリザベトのもとを訪れたことが、そのことを如実に物語っています。神のために少しでも役立ちたいという気持ちから、隣人の必要に応じたいという願いが生じます。その中には、ざわめきも、見栄も、栄誉への願望も、売り込みもありません。愛と、いつくしみのわざは、トロフィーとして飾られることを望まないのです。いつくしみのわざは、静かに、人知れず、自慢などせずに行われます。わたしたちは自分たちの共同体の中でも、マリアの模範に従い、人知れず慎重に物事を行うよう招かれています。

 この聖母の祭日が、わたしたちの全人生を、神への「はい」とするための助けとなりますように。それは、神をあがめ、日々の生活の中で愛し、奉仕することを表す「はい」なのです。

PAGE TOP