教皇フランシスコ、2019年12月15日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2019年12月15日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 「喜び」の主日として知られる待降節第三主日の今日、神のことばは、喜びへとわたしたちを招いていますが、その一方で、信じることができずに疑うこともあることを認めるよう呼びかけています。喜びと疑いは、双方ともわたしたちの生活の一部なのです。

 預言者イザヤは、喜んでいるようはっきりと呼びかけています。「荒れ野よ、荒れ地よ、喜びおどれ、砂漠よ、喜び、花を咲かせよ」(イザヤ35・1)。預言者イザヤのこの招きとは対照的に、福音書には洗礼者ヨハネの疑念も示されています。「来るべきかたは、あなたでしょうか。それとも、ほかのかたを待たなければなりませんか」(マタイ11・3)。実際、預言者は現実の先を見据え、目の前にいる、弱った手、よろめく膝、おののく心(イザヤ35・3-4参照)をもつ人々を落胆させます。どの時代にも、同じようなことが起こり、信仰が試されます。しかし神の人は、聖霊によって神の約束の力を感じ取ることができるので、現実の先を見据え、救いを告げ知らせます。「雄々しくあれ、恐れるな。見よ、あなたたちの神を。……神は来て、あなたたちを救われる」(イザヤ35・4)。そして、すべてが変わります。荒れ野に花が咲き、落胆していた心に安らぎと喜びが生まれ、歩けなかった人も、目の見えない人も、口のきけなかった人もいやされます(5-6節参照)。それはまさしく、イエスによって実現することです。「目の見えない人は見え、足の不自由な人は歩き、重い皮膚病を患っている人は清くなり、耳の聞こえない人は聞こえ、死者は生き返り、貧しい人は福音を告げ知らされている」(マタイ11・5)。

 救いは人間全体を包み込み、新しいいのちを与えることを、この箇所は伝えています。しかし喜びに包まれた新しいいのちは、自分自身とその罪の死をつねに前提としています。回心するようにとの呼びかけは、イエスと洗礼者ヨハネの説教の基盤となるものですが、それはとりわけ、わたしたちの神に対する考え方を変えられるかどうかということです。待降節は、洗礼者ヨハネがイエスに投げかけたこの問いを胸に抱きながら、そのために努めるようわたしたちに働きかけています。「来るべきかたは、あなたでしょうか。それとも、ほかのかたを待たなければなりませんか」(マタイ11・3)。思い浮かべましょう。ヨハネは生涯、救い主を待ち望んでいました。彼の人生もからだ全体も、その期待によって形作られています。だからこそイエスは、女性から生まれた者の中で洗礼者ヨハネより偉大な者はいないと言って、彼をたたえているのです(マタイ11・11参照)。そして、ヨハネもまた、イエスへと回心しなければなりません。ヨハネと同じようにわたしたちも、神がイエス・キリストのうちにまとうと決められた、謙虚でいつくしみ深いみ顔に気づくよう求められています。

 待降節は恵みのときです。神を信じるだけではなく、信仰を日々、清める必要があることを、待降節はわたしたちに示しています。それは神を、おとぎ話の登場人物としてではなく、わたしたちに問いかけ、わたしたちとかかわり、ご自身の前で決断するよう求めるかたとして迎え入れるために備えるということです。飼い葉おけに横たわる幼子は、もっとも困窮している兄弟姉妹の顔、さらには「この神秘における特権者であり、わたしたちの間に神がおられることに最初に気づくことのできる」(使徒的書簡「アドミラビレ・シニュム」6)貧しい人の顔をしているのです。

 降誕祭を迎えるにあたり、わたしたちがうわべの事柄に気を取られずに、すでに来られ、わたしたちの病をいやし、ご自身の喜びを与えるために再び来たいと望んでおられるかたを受け入れるために備えることができるよう、おとめマリアが助けてくださいますように。

PAGE TOP