教皇フランシスコ、降誕祭メッセージ(ローマと全世界へ)(2019.12.25)

 

教皇フランシスコ、2019年12月25日降誕祭メッセージ(ローマと全世界へ)
「闇の中を歩む民は、大いなる光を見た」(イザヤ9・1)

 親愛なる兄弟姉妹の皆さん、クリスマスおめでとうございます。

 この夜、母なる教会の胎から、人となられた神の御子が新たに生まれました。その名はイエス、「神は救い」という意味です。永遠で限りない愛である御父が御子を世に遣わされたのは、世を裁くためではなく、世を救われるためでした(ヨハネ3・17参照)。御父は計り知れないいつくしみによって、御子をわたしたちにお与えくださいました。すべての人のために、とこしえに、御子を与えてくださったのです。そして御子は、夜の闇と寒さの中に燃え立った小さなともしびとして生まれました。

 おとめマリアから生まれたこの幼子は、肉となられた神のみことばです。アブラハムの心と歩みを約束の地に導いたみことばは、神の約束に信頼する人々を引き寄せ続けています。ヘブライの民を奴隷の状態から解放への旅路に導いたみことばは、今日も含めたあらゆる時代の隷属状態にあるすべての人に、囚われの状態から抜け出すよう呼びかけ続けています。みことばは太陽よりも明るく輝き、人間の小さな子どもとして人となられたかた、世の光であるイエスです。

 だからこそ、預言者は声を上げたのです。「闇の中を歩む民は、大いなる光を見た」(イザヤ9・1)。たしかに、人の心には闇があります。人間関係や家族、社会との関係には闇があります。それでも、キリストの光はそれよりも大いなるものです。経済的、地理的・政治的な争い、環境をめぐる争いの中には闇があります。それでも、キリストの光はそれよりも大いなるものです。

 キリストが、中東や世界のさまざまな国々で戦争や紛争に苦しむ大勢の子どもたちの光となりますように。愛するシリアの国民の慰めとなりますように。シリアでは、この十年間のうちに国を引き裂いてきた対立がいまだに終わっていません。善意の人々の良心を突き動かしてくださいますように。キリストが政治指導者や国際社会に働きかけ、シリアの国民の安全と平和的な共生を保障し、とてつもない苦難を終わらせてくださいますように。レバノンの国民の支えとなってくださいますように。レバノンの人々が現在の危機的状況から抜け出し、自由と、協調的な共生のメッセージをすべての人に示す召命を再び見いだすことができますように。

 主イエスが、全人類の救い主として、ご自分がお生まれになった聖地の光となりますように。主は聖地で、多くの人の希望であり続けています。人々は疲れ果てていても、絶望することなく、平和と安全と繁栄の日々が訪れるのを待ち続けています。主が社会的緊張のただ中にあるイラクと、重大な人道危機にひんしているイエメンの慰めとなりますように。イエメンの子どもたちのことを思います。
 
 ベツレヘムの小さな幼子がアメリカ大陸全土の希望となりますように。そこでは多くの国々が社会的、政治的な混乱の時期を耐え忍んでいます。親愛なるベネズエラの国民を元気づけてくださいますように。人々は長い間、政治的、社会的緊張にさらされてきました。これ以上、必要な援助に事欠くことがありませんように。正義と和解の促進のために、そしてさまざまな危機的状況とすべての人の尊厳を損なう多くの形態の貧困を克服しようと、力を尽くしている人々の努力を祝福してくださいますように。

 世のあがない主が親愛なるウクライナの光となりますように。ウクライナは永続的な平和のための実効性のある解決を切望しています。

 お生まれになった主がアフリカの人々の光となりますように。そこでは、しばしば人々を移住へと追いやり、家も家庭も奪ってしまう社会的、政治的状況が長く続いています。長引く紛争にさいなまれてきたコンゴ民主共和国東部の人々に、主が平和をもたらしてくださいますように。暴力や自然災害、衛生上の緊急事態に苦しんでいる人々に慰めをもたらしてくださいますように。主が信仰のゆえに迫害されている人々の慰めとなりますように。とりわけ宣教者や信者が誘拐され、特にブルキナファソやマリ、ニジェール、ナイジェリアでは、過激派組織による攻撃の犠牲となっています。

 天から地に下られた神の御子が、こうしたことや他の不正義によって、安全な生活を求めて国外に移住しなければならない多くの人を守り、支えてくださいますように。その不正義は人々に、砂漠や海を渡ることを余儀なくさせ、そこが人々の墓場になっています。その不正義が人々を筆舌に尽くしがたい虐待に遭わせ、あらゆるかたちの奴隷状態を体験させ、非人間的な拘留施設で苦しみを与えています。その不正義が、まともな生活への希望を抱ける場所から人々を遠ざけ、無関心の壁に直面させています。

 インマヌエル、「わたしたちとともにおられる神」が、傷ついた全人類の光となりますように。しばしばかたくなで利己主義に陥るわたしたちの心を和らげ、わたしたちを主の愛の道具としてくださいますように。わたしたちのあわれな顔をとおして、世界中の子どもたち、ことに見捨てられた子どもたち、暴力のために苦しんだ子どもたちに、主のほほ笑みを届けることができますように。わたしたちの弱々しい腕をとおして、主が着る物がない人に衣を着せ、飢えている人にパンを与え、病気の人をいやしてくださいますように。わたしたちの頼りない寄り添いをとおして、主が高齢の人や孤独な人、移住者や疎外された人のそばにいてくださいますように。この祝いの日に、主がすべての人に優しさをもたらし、この世の闇を明るく照らしてくださいますように。

PAGE TOP