「世界平和のための人類のきょうだい愛」に関する共同宣言書

「世界平和のための人類のきょうだい愛」に関する共同宣言書 序文 神への信仰によって、人は他者の内に支えるべき、愛すべききょうだいを見るようになります。宇宙、生きとし生けるもの、その慈しみの前に平等であるすべての人を創造さ […]

「世界平和のための人類のきょうだい愛」に関する共同宣言書

序文

神への信仰によって、人は他者の内に支えるべき、愛すべききょうだいを見るようになります。宇宙、生きとし生けるもの、その慈しみの前に平等であるすべての人を創造された神への信仰によって、信じる者は、被造界と全宇宙を大切に守り、すべての人、とりわけもっとも助けを必要としている貧しい人々を支えることを通して、この人間同士のきょうだい愛をあらわすよう招かれています。

この超越的な価値を踏まえ、きょうだい愛と友情に満ちた多くの会合を通して、わたしたちは現代社会における喜び、悲しみ、問題についてさまざまなレベルで話し合いました。科学・技術の進歩、病気の新しい治療法、デジタル時代、マスメディア、コミュニケーションなどのレベルに加え、武装化、社会不正、汚職、不平等、モラルの低下、テロリズム、差別、ファンダメンタリズム、その他さまざまな原因によって世界の多くの地域に広がる貧困、戦争に苦しむ大勢の兄弟姉妹たちの存在についても話し合いました。

わたしたちが持つことのできたこのようなきょうだい的で誠実な意見交換、全人類の輝かしい未来への希望に満ちた会合を通して、この「人類のきょうだい愛宣言」の発想が生まれました。誠実で真摯な意志に基づく共同宣言であるべく、深い熟考に基づく宣言文です。新しい世代を相互尊重の文化へと導き、すべての人をきょうだいにする神の偉大なめぐみ
を理解するよう、神への信仰を心に抱く人々、また人類のきょうだい愛を信じる人々が、共に働くよう招くものです。

・・・全文はこちらダウンロード(PDF 338KB)

PAGE TOP