教皇フランシスコのツイート

教皇フランシスコも前教皇ベネディクト十六世同様、ツイッターを使ったメッセージの発信を行っています。
以下に、教皇が投稿したツイートの全訳を逐次掲載します。ツイッターの元の形式に従い、上から新しい順に掲載し、各ツイートの終わりに投稿日を示します。
※7.23以降のものは、@chuokyo_popeで見られます。

2013年7月

今日からわたしはリオでのすばらしい一週間を始めます。この一週間がイエス・キリストとの友愛を深める時となりますように。
(2013年7月22日)

あと数時間でブラジルに着きます。わたしの心は喜びに満たされています。間もなく皆様とともに第28回WYD(ワールドユースデー)を開催するからです。
(2013年7月22日)

多く人がリオに行きたいと願いながら、行くことができません。これらの人々が祈りのうちにわたしたちと一つであると感じることができますように。
(2013年7月21日)

親愛なる若者の皆様。多くの人がリオに向かっていることを知っています。主が旅する皆様とともに歩んでくださいますように。
(2013年7月20日)

多くの人がすでにリオに到着し、またさらに多くの人がリオに到着しつつあります。もう3日もすれば、わたしたちは互いに出会います。
(2013年7月19日)

信仰年にあたり、次のことを思い起こしたいと思います。信仰はわたしたちが所有するのではなく、分かち合うものです。キリスト信者は皆、使徒です。
(2013年7月18日)

神はわたしたちに対してあわれみ深いかたです。わたしたちも、とくに苦しむ人に対して、あわれみ深くあることを学ばなければなりません。
(2013年7月17日)

祈り、謙遜、すべての人に対する愛は、キリスト教的生活において不可欠なものです。これらは聖性への道です。
(2013年7月16日)

キリスト信者にとって、人生は単なる偶然の産物ではなく、呼びかけと個人的な愛が生み出すものです。
(2013年7月14日)

信仰年にあたり、イエス・キリストをよりよく知るために、日々、何か具体的なことを行うようにしようではありませんか。
(2013年7月13日)

主よ。わたしたちが無関心であること、世界とわたしたちの間にみられる残虐さを悲しむ恵みをお与えください。
(2013年7月12日)

キリストに親しく従いたいなら、安易で平穏な生活を選ぶことはできません。キリストに従う生活は、困難ではあっても、喜びに満ちています。
(2013年7月10日)

キリスト信者はいつも希望に満たされています。キリスト信者は決して失望しません。
(2013年7月9日)

移住者を受け入れる人々の心に向けて祈ります。神は、もっとも困窮した人々をどう扱うかによって、わたしたちを裁かれます。
(2013年7月8日)

主は聖書とわたしたちの祈りを通じてわたしたちに語りかけます。主の前で沈黙し、福音を黙想することを学ぼうではありませんか。
(2013年7月6日)

イエスは友人以上のかたです。イエスは真理といのちの教師であり、幸福へと至る道を示してくださいます。
(2013年7月5日)

キリストの愛と友愛は幻想ではありません。イエスは十字架上でこの愛がどれほど現実的であるかを示されました。
(2013年7月4日)

キリストという岩と切り離されてキリスト信者として生きることはできません。キリストは、力と堅固さとともに、喜びと落ち着きを与えてくださいます。
(2013年7月2日)

2013年6月

キリスト信者は、決して退屈したり、悲しんだりしてはなりません。キリストを愛する人は、喜びに満たされ、喜びを輝かせます。
(2013年6月30日)

贈り物ないし犠牲として、自分のいのちをキリストのために失うことを学ぼうではありませんか。キリストとともにいれば、何も失うことはありません。
(2013年6月29日)

イエスは思想でわたしたちを救ったのではありません。イエスはへりくだって、人となりました。みことばは肉となりました。
(2013年6月28日)

愛と忍耐と柔和はすばらしいたまものです。このたまものをもっているなら、それを他の人に分け与えたくなることでしょう。
(2013年6月26日)

わたしたちは進んでフルタイムのキリスト信者となり、ことばと行いで信仰を表しているでしょうか。
(2013年6月24日)

わたしたちは皆、罪人です。しかしわたしたちが、主の助けによって、偽善者のままでいることがありませんように。偽善は、神のゆるしと喜びと愛の意味を知りません。
(2013年6月23日)

イエスのうちに人生の意味を見いだすなら、苦しむ人、悩む人に無関心でいることはできません。
(2013年6月22日)

教会を導いてくださるのが主であることを忘れてはなりません。キリストこそが、わたしたちの使徒職の実を結ばせてくださいます。
(2013年6月21日)

キリスト信者は進んで福音をのべ伝えます。キリストを知ることから来る喜びを隠すことはできないからです。
(2013年6月19日)

だれかに怒りを覚えたら、その人のために祈ってください。これがキリスト教的な愛です。
(2013年6月17日)

教会を、だれもが受け入れられ、愛され、ゆるされる、あわれみと希望の場にしてください。
(2013年6月16日)

神を否定し、多くの偶像を神の代わりとすることによって、現代において、どれほどの道徳的・物質的貧困が生まれていることでしょうか。
(2013年6月12日)

連帯することを恐れてはなりません。自分のもてるものをすべて、進んで神のために用いてください。
(2013年6月11日)

「廃棄の文化」によって、人間のいのちはもはや、尊重し、保護すべき第一の価値と考えられなくなりました。
(2013年6月9日)

消費主義のためにわたしたちは浪費に慣れています。食料を廃棄することは、貧しく飢えた人々から食料を盗み取るのと同じです。
(2013年6月7日)

被造物を大事にしなさいということを、神は歴史の初めに述べただけではありません。神はご自身の計画の一部として、わたしたち皆にこの務めをゆだねます。
(2013年6月5日)

キリストは、わたしたちがますます自分自身を出て、自分をささげ、他の人々に仕えるようにと、わたしたちを導きます。
(2013年6月4日)

時として、なすべきことを知りながら、それを行う勇気がないことがあります。主に信頼しながら決断するすべを、マリアから学ぼうではありませんか。
(2013年6月3日)

世はわたしたちに告げます。「成功と権力と富を求めなさい」。神はわたしたちに告げます。「人間性と奉仕と愛を求めなさい」。
(2013年6月2日)

2013年5月

信仰年にあたり、主に祈ります。教会がつねに真の神の家族となり、神の愛をすべての人にもたらすことができますように。
(2013年5月31日)

救いの歴史全体は、神がわたしたちを捜し求める歴史です。神はわたしたちに愛を示し、優しくわたしたちを迎え入れてくださいます。
(2013年5月31日)

教会は、十字架の最高の愛のわざから生まれました。イエスの開かれた脇腹から生まれました。教会は、その中でわたしたちが愛し、愛される家族です。
(2013年5月29日)

親愛なる若者の皆様。教会は皆様とその寛大な心から偉大なことを期待しています。高邁な目的を目指すことを恐れないでください。
(2013年5月28日)

利己心に屈するたびに、わたしたちは神を否定します。わたしたちのための神の愛の計画をだめにしてしまいます。
(2013年5月26日)

わたしたちは皆、心の中で、ある種の不信仰を抱いています。主にいわなければなりません。わたしは信じます。不信仰なわたしをお助けください。
(2013年5月25日)

奇跡は起こります。しかしそのためには祈らなければなりません。形式的にではなく、勇気をもって、うむことなく、堅忍をもって祈らなければなりません。
(2013年5月24日)

キリスト信者の助けであるマリアの記念日にあたり、わたしは佘山(シェシャン)の聖母のご保護に信頼する中国のカトリック信者に加わるとともに、彼らのために祈ります。
(2013年5月23日)

わたしは、自分の生活し働く場に、福音の和解と愛のメッセージを伝えているでしょうか。
(2013年5月23日)

福音に従って生きるとは、利己主義と戦うことです。福音はゆるしと平和です。福音は神から来る愛です。
(2013年5月22日)

オクラホマ州の竜巻で亡くなったすべてのかたのご家族、とくに幼い子どもを失ったご家族に寄り添います。彼らのためにわたしとともに祈ってください。
(2013年5月21日)

聖霊はわたしたちを造り変え、新たにし、調和と一致を造り出します。そしてわたしたちに、宣教を行う勇気と喜びを与えます。
(2013年5月19日)

わたしたちはマリアに学ばなければなりません。進んで無条件でキリストを自分の生涯に受け入れたマリアに倣わなければなりません。
(2013年5月18日)

わたしたちの生活は本当に神の現存で満たされているでしょうか。毎日の生活の中で、どれだけ多くのものが、神のおられるべき場を占めているでしょうか。
(2013年5月17日)

わたしたちは、パートタイムのキリスト信者であってはなりません。毎日、あらゆる瞬間に、自らの信仰を生きようと努めるべきです。
(2013年5月16日)

いのちを与えてくださるのは神です。人間のいのち、とくに母胎内の無力ないのちを尊重し、愛さなければなりません。
(2013年5月15日)

わたしは日々の生活の中でキリストに忠実に従っているでしょうか。尊敬と勇気をもって自分の信仰を「示す」ことができているでしょうか。
(2013年5月13日)

迫害と暴力に苦しむ世界中の多くのキリスト信者のために祈りたいと思います。神が彼らに忠実に生きる勇気を与えてくださいますように。
(2013年5月12日)

聖霊は、わたしたちが他の人々を新鮮な目で見ることができるよう助けてくださいます。すなわち、つねに彼らを、尊重し愛すべき、イエスにおける兄弟姉妹として見ることを可能にしてくださいます。
(2013年5月10日)

聖霊はわたしたちの心にもっとも貴いたまものを与えてくださいます。それは、神の愛とあわれみに対する深い信頼です。
(2013年5月9日)

イエスはいわれます。わたしが来たのは、羊がいのちを受けるため、しかも豊かに受けるためである。わたしたちは物質的なもののうちにではなく、ここにこそまことの宝を見いだすことができます。
(2013年5月8日)

生温いキリスト教的生活を送ることで満足してはなりません。聖性への道をしっかりと歩んでください。
(2013年5月7日)

主に願いたいと思います。キリスト教的生活のあらゆる領域で、主のあわれみと愛の輝かしいあかしを行えるよう、わたしたちを助けてください。
(2013年5月6日)

キリスト信者は皆、神の愛をあかしすることによって宣教者といえます。神の優しい愛の宣教者となってください。
(2013年5月5日)

聖母に願いたいと思います。日々の生活の中で信仰を生き、主にいっそう多くの場所を空けるすべを教えてください。
(2013年5月4日)

5月の間、家族で一緒にロザリオを唱えるのはよいことです。祈りは家庭生活を強めます。
(2013年5月3日)

わたしは、しばしば利益だけを重視する利己主義から生まれる失業者に思いを致します。
(2013年5月2日)

親愛なる若者の皆様。聖ヨセフに学んでください。聖ヨセフは困難な時を味わいましたが、つねに信頼して、逆境を乗り越えるすべを知っていました。
(2013年5月1日)

2013年4月

神の力あるわざに信頼しようではありませんか。わたしたちは神とともに偉大なことを成し遂げられます。神はわたしたちに弟子となる喜びを与えてくださいます。
(2013年4月30日)

一日の終わりに、わたしたちが皆、こういえれば、どれほどすばらしいことでしょう。今日わたしは他の人々に愛のわざを行いました。
(2013年4月29日)

聖霊は本当にわたしたちを造り変えます。わたしたちが協力することによって、聖霊も、わたしたちが住む世界を変えたいと望みます。
(2013年4月28日)

バングラデシュのダッカの悲惨な事故の犠牲者のためにわたしとともに祈ってください。神が犠牲者のご家族に慰めと力を与えてくださいますように。
(2013年4月27日)

親愛なる若者の皆様。自分のタレントを、神が与えてくださったたまものを、土に埋めないでください。偉大なことを夢見るのを恐れてはなりません。
(2013年4月26日)

現代のような危機の時代にあって、大切なのは、自分の中に閉じこもるのでなく、心を開き、他の人に心を向けることです。
(2013年4月25日)

祈りと秘跡によって信仰の炎を生き生きと保ってください。神を忘れずにいてください。
(2013年4月24日)

マリアは「はい」といわれたかたです。マリアよ、わたしたちがますますイエスの声を知って、この声に従うことができるよう助けてください。
(2013年4月23日)

わたしたちは皆、愛と真理といのちにあこがれています。イエスは完全な愛と真理といのちです。
(2013年4月22日)

「わたしの羊はわたしの声を聞き分ける。わたしは彼らを知っている」。イエスの声は独特です。イエスはいのちの道へとわたしたちを導いてくださいます。
(2013年4月21日)

テキサスでの爆発の犠牲者とそのご家族のためにわたしとともに祈ってください。
(2013年4月18日)

神の栄光に入るには、たとえ犠牲を求められても、日々、神のみ心に忠実に従わなければなりません。
(2013年4月17日)

イエスの昇天は、イエスが不在であることを示すのではなく、むしろイエスがわたしたちのただ中で、新たなしかたで生きておられ、わたしたち皆のそばにいてくださることを示します。
(2013年4月17日)

神を礼拝するとは、神とともにいることを学び、自分の隠れた偶像を捨て、神を自分の人生の中心に置くということです。
(2013年4月14日)

次のことを忘れてはなりません。イエスの福音をのべ伝えたいなら、自分がのべ伝えることを生き方をもってあかししなければなりません。
(2013年4月14日)

神に愛されていることを認めながら、神の子として振る舞うなら、わたしたちの人生は新たなものとなり、落ち着きと喜びに満たされます。
(2013年4月10日)

キリスト信者であるとは、単におきてを守ることではありません。それは、キリストによって自分の人生を支配され、それを造り変えていただくことです。
(2013年4月10日)

イエスがわたしたちに注ぐ、優しさに満ちたまなざしは、なんとすばらしいものでしょうか。神の忍耐とあわれみへの信頼を失ってはなりません。
(2013年4月7日)

神はわたしたちを愛してくださいます。神を愛することを恐れてはなりません。信仰は、口と心で、ことばと愛で言い表されます。
(2013年4月4日)

2013年3月

復活したイエスをあなたの人生に受け入れてください。遠ざかっていたなら、イエスへと一歩進んでください。イエスは手を広げてあなたを待っておられます。
(2013年3月31日)

愛と祈りをもって皆様の司祭を支えてください。司祭がつねにキリストのみ心にかなう牧者でいることができますように。
(2013年3月28日)

聖週間を過ごすとは、神の愛と自己贈与の考え方にますます歩み入ることです。
(2013年3月27日)

イエスとともにいることは、自分自身から脱け出ること、惰性の、習慣的な信仰から脱け出ることを求めます。
(2013年3月27日)

暴力、不正、罪に対して何もできないかのように語る、悪い者のことばを信じてはなりません。
(2013年3月24日)

リオデジャネイロでの7月を楽しみにしています。このブラジルの大きな町で皆様とお目にかかれますように。
(2013年3月24日)

真の権能は奉仕です。教皇は、すべての人、とくに貧しい人、弱者、自分を守るすべのない人に仕えなければなりません。
(2013年3月19日)

人生の中にキリストのための場所を空けましょう。互いに気を配り、被造物を愛をもって守る者となろうではありませんか。
(2013年3月19日)

親愛なる友人の皆様。心から感謝します。わたしのために祈り続けてくださるようお願いします。教皇フランシスコ。
(2013年3月17日)

PAGE TOP