社会に福音を 福音宣教推進全国会議資料 

宣教に関する日本の司教団文書やアジア司教協議会連盟の宣言文、1974年の福音宣教をテーマにしたシノドスの文書などをまとめて収録。

原タイトル
著者 カトリック中央協議会事務局(編)
発行日 1986/3/5
判型 B6
ページ数 128 P
価格 本体価格 550円(税込594円)
ISBN 978-4-87750-025-2
在庫状況 在庫切れ

商品について

この商品は在庫切れです。
現在お取り扱いできません。

目次・内容を確認する目次・内容を閉じる

目次

はじめに

第一部  日本司教団文書
社会に福音を
 一  神の言葉を伝える
 二  キリスト教的あかし
 三  キリストの共同体づくり
日本における宣教について
 一  宣教
  1  宣教-教会の使命
  2  宣教の意味
 二  日本教会と宣教
  1  宣教国日本の現実
  2  宣教-日本教会最大の任務
 三  宣教活動の基本姿勢
  1  ことばによる福音宣布の重要性
    (イ)予備宣教と宣教
    (ロ)生活のあかしと宣教
  2  宣教の日常活動化
 四  宣教活動の実践
  1  小教区における宣教活動
  2  全信徒の宣教参加
  3  青少年への宣教
  4  マスメディアと宣教
 五  宣教者の心
  1  信じる心
  2  信頼の心
  3  愛する心
  4  共同体の心
  5  ミサこそ宣教者の力の源泉
 六  宣教者の養成
  1  司祭の養成
  2  カテキスタの養成
  3  信徒の養成
 むすび


日本の社会の福音化を目指して
 序
 教会の福音化
  1  個人の反省と回心
  2  共同体としての反省と回心
  3  共同体の中心となるミサ
 社会の福音化
  1  社会に生き続けているキリストのあかし
  2  正しい判断力を養う
  3  今日の日本の社会における諸問題
  4  小教区またはグループでの活動
  5  小さい兄弟たちと教会
  6  アジアの中の日本
  7  教会は全人類のため
  8  与えることによって自分も育つ
 結び

洗礼の恵みを一人でも多くの友に伝えよう
日本のカトリック教会の中央機構
 前文
 福音宣教推進全国会議
 教区および宣教会・修道会との連携
日本の教会の基本方針と優先課題
「日本の教会の基本方針と優先課題」の解説
 一  基本方針
  1  カトリック者のキリストを伝える使命
  2  社会の福音化のためにある教会
  3  キリストの霊による一致
 二  優先課題
  1  宣教のための共同体育成
  2  修道会、宣教会、カトリック諸事業体との協力態勢
  3  一九八七年福音宣教推進全国会議の開催

第二部  シノドス文書
現代アジアにおける福音宣教
 一  序
 二  今日のアジアの人の求めるもの
 三  地域教会-受肉・土着
 四  アジアの諸宗教との対話
 五  人々特に貧しい人々との対話
 六  今まで述べた使命と福音宣教
 七  宣教教育
 八  福音宣教の他の手段-マス・メディア
 九  メッセージ-福音を伝える人々へ
 十  「沈黙の教会」に対し
 十一  他のキリスト教会と共同体に対し
 十二  主への祈り
 十三  神の母マリアへ
全人間の救いのための福音
声なき人に代わって声をあげよう
 すべての人々に権利
 生きる権利
 食べる権利
 社会・経済的な権利
 政治・文化的な権利
 宗教的な自由の権利

あとがき

PAGE TOP