ローマ・ミサ典礼書の総則(暫定版)

※暫定版ではない正式版を準備中
 2002年3月に教皇庁から発行された『ローマ・ミサ典礼書』の規範版第3版の冒頭には、規範版の変更に合わせて増補・修正された新しい「ローマ・ミサ典礼書の総則」が掲載されています。現在、この規範版に基づいて、日本語の『ミサ典礼書』の改訂作業が行われておりますが、規範版の改訂の意図を学び、理解するために、「総則」の部分のみを暫定版として先に発行することとなりました。
 本書は、従来の「総則」を全面的に改訳したものではなく、新「総則」で変更された内容を従来の「総則」の本文に反映させた暫定的な翻訳です。変更のあった箇所が太字で表記され、変更の内容がわかるようになっています。また、新旧二つの「総則」を比べることができるよう、従来の「総則」の該当する番号も記載されています。神学教育、信徒の奉仕者の養成、典礼の勉強会などでご活用いただける基礎文献です。

原タイトル
著者 日本カトリック典礼委員会(編)
発行日 2004/5/1
判型 A4
ページ数 152 P
価格 本体価格 800円(税込864円)
ISBN 978-4-87750-110-5
在庫状況 在庫切れ

商品について

この商品は在庫切れです。
現在お取り扱いできません。

目次・内容を確認する目次・内容を閉じる

目次

出版にあたって
本書を使用するにあたって
日本における適応
前文
第1章 感謝の祭儀の重要性と尊厳
第2章 ミサの構造、要素、各部
 Ⅰ ミサの一般的構造
 Ⅱ ミサの種々の要素
 Ⅲ ミサの各部
   A 開祭  B ことばの典礼  C 感謝の典礼  D 閉祭
第3章 ミサにおける務めと奉仕
 Ⅰ 聖なる位階の務め
 Ⅱ 神の民の役割
 Ⅲ 特別な奉仕職
 Ⅳ 役割の分担と祭儀の準備
第4章 ミサの種々の形式
 Ⅰ 会衆の参加するミサ
   A 助祭を伴わないミサ  B 助祭を伴うミサ
   C 祭壇奉仕者の任務  D 朗読奉仕者の任務
 Ⅱ 共同司式ミサ
 Ⅲ ただ一人の奉仕者が参加するミサ
 Ⅳ すべての形式のミサのための一般的基準
第5章 感謝の祭儀をささげるための教会堂の配置と装飾
 Ⅰ 一般原則
 Ⅱ 聖なる集会のための内陣の配置
 Ⅲ 教会堂内の配置
第6章 ミサをささげるために必要なもの
 Ⅰ 感謝の祭儀のためのパンとぶどう酒
 Ⅱ 備品一般
 Ⅲ 祭器
 Ⅳ 祭服
 Ⅴ その他の教会用具
第7章 ミサおよび各部の選択
 Ⅰ ミサの選択
 Ⅱ ミサの各部の選択
第8章 種々の目的のためのミサと祈願、死者のためのミサ
 Ⅰ 種々の目的のためのミサと祈願
 Ⅱ 死者のためのミサ
第9章 司教と司教協議会が行うことのできる適応

索引

PAGE TOP