ともにだれと… (上)

第1回福音宣教推進全国会議の提案である「社会とともに歩む教会」の実現をめざして、マイノリティーの問題を取り上げ、被差別部落の人々、難民、滞日外国人労働者について考えます。

原タイトル
著者 NICE推進委員会 社会・福音チーム(編・監)
発行日 1991/11/10
判型 B6
ページ数 80 P
価格 本体価格 485円(税込524円)
ISBN 978-4-87750-053-5
在庫状況 在庫切れ

商品について

この商品は在庫切れです。
現在お取り扱いできません。

目次・内容を確認する目次・内容を閉じる

目次

はじめに
なぜ「マイノリティー」か
 一 皆さんとともに学びたいこと■濱尾文郎
 二 「マイノリティーの尊重なしに平和はこない」とわたしたち■編集部
日本のマイノリティー
 一 被差別部落の人々
  1 被差別部落の人々は何を訴えているか■橋本瑠璃子
  2 聖書は被差別部落の人々について何を語っているか■本田哲郎
  3 被差別部落の人々とは
  4 みんなで考える
    教会への要望■橋本瑠璃子
    国への要望■橋本瑠璃子
    被差別部落についての相談・資料窓口
 二 日本への難民
  1 難民は何を訴えているか■ホアン・バーガン
  2 聖書は難民について何を語っているか■本田哲郎
  3 難民とは
  4 みんなで考える
    難民についての相談・資料窓口
 三 対日外国人労働者
  1 対日外国人労働者は何を訴えているか
  2 聖書は対日外国人労働者について何を語っているか
  3 対日外国人労働者とは
  4 みんなで考える
    対日外国人労働者についての相談・資料窓口
資料
 一九八九年世界平和の日(一月一日)のメッセージ
 マイノリティーの尊重なしに平和はこない■教皇ヨハネ・パウロ二世

PAGE TOP