教皇フランシスコ、2018年降誕祭ミサ説教(2018.12.24)

 

教皇フランシスコ、2018年降誕祭ミサ説教

 ヨセフは、いいなずけのマリアとともに「ベツレヘムというダビデの町」(ルカ2・4)に上って行きました。わたしたちもまた、降誕祭の神秘を見いだすためにベツレヘムに上って行きます。

1. ベツレヘムという名前には、「パンの家」という意味があります。今日、主はこの「家」の中で人々を招いておられます。主は、わたしたちが生きるためには食糧が必要であることをご存じです。一方、この世の糧だけでは、心を満たすことはできないことも知っておられます。聖書において、人間の原罪は、まさに食べ物を得ることと結びついています。創世記には「実を取って食べた」(3・6)と記されています。人間は取って食べました。そして欲深くなり、食欲がわきました。物があふれている今日、多くの人が所有することに生きる意味を見いだしています。満たされることのない欲望が人間の歴史全体に表れています。そして皮肉なことに、今日、ごく少数の人々が豪華な食事を楽しむ一方で、あまりにも多くの人々が生きるのに必要なパンすら得られずにいます。

 ベツレヘムは歴史の流れを変える分岐点です。神は「パンの家」で、飼い葉桶の中でお生まれになりました。まるで「わたしはあなたがたの食べ物として、ここにいます」とわたしたちに言っておられるかのようです。神は食べ物を取るのではなく、与えてくださいます。主は何か物を与えるのではなく、ご自身をわたしたちに与えてくださいます。神はいのちを取るかたではなく、与えるかたであることを、わたしたちはベツレヘムで見いだします。生まれたときから取って食べることに慣れているわたしたちに、イエスは言います。「取って食べなさい。これはわたしのからだである」(マタイ26・26)。ベツレヘムの幼子の小さなからだは、新しい生き方を示しています。それは、むさぼって蓄えるのではなく、分かち合い、与える生き方です。主はわたしたちの食べ物となるために、自ら小さくなられます。いのちの糧である主によって養われることにより、わたしたちは愛のうちに新たに生まれ、強欲や所有欲の連鎖を断ち切ることができます。イエスは「パンの家」から人々を新たに家庭へと導き、わたしたちが神の家族、隣人の兄弟姉妹となれるようにしてくださいます。わたしたちは、飼い葉桶の前に立ち、いのちの糧とは、物的な豊かさではなく愛であり、強欲ではなく愛のわざ、さらには豊かさを誇示することではなく、簡素さを貫くことであることを知ります。

 主は、わたしたちが日々、糧を得る必要があることをご存じです。だからこそ、ベツレヘムの飼い葉桶からエルサレムの高間に至るその生涯を通して、主は日々、わたしたちにご自身を与えてくださったのです。主は今も祭壇の上で、わたしたちのために裂かれたパンとなり、わたしたちの心の戸口に立ち、中に入ってともに食事をするために扉をたたいておられます(黙示録3・20参照)。降誕祭に、わたしたちは天の国からのパンであるイエスを地上で受けます。そのパンは、決して力を失うことなく、わたしたちが永遠のいのちを今、前もって体験できるようにしています。

 わたしたちは、神のいのちが自分たちの心に入り、そこに留まっておられることを、ベツレヘムで見いだします。そのたまものを受け入れるなら、わたしたち一人ひとりが変わり、やがて歴史が変わります。イエスがわたしたちの心に宿ると、生活の中心はもはや欲深く、利己的な自分のエゴではなくなり、愛のために生まれ、生きておられるかたになります。パンの家であるベツレヘムに上って行くようにとの呼びかけを聞きながら、今夜、自分自身に問いかけましょう。「わたしのいのちのパンは何だろう」。「何がわたしに欠かせないのだろう。それは主だろうか、それとも何か別のものだろうか」。そして馬小屋に入り、幼子の柔和な貧しさの内に、いのちの新しい香り、質素な香りをかいで、自問しましょう。「こんなに多くの物や、複雑な手段は、生きるために本当に必要なのだろうか。いりもしない余分なものがこんなになくても、生きていけるのではないだろうか。もっと簡素に生きられるのではないだろうか」。ベツレヘムにいるイエスの傍らには、旅をしてきた人々がいました。マリアとヨセフと羊飼いたちです。イエスは旅の糧です。イエスは、食事が長引き、人々がなかなか動かないことを望んでいるのではなく、テーブルをすぐに離れ、まるで他者のために裂かれたパンのように、奉仕のために出かけることを望んでおられます。「クリスマスにパンのない人と自分のパンを分かち合っているだろうか」と自分自身に問いかけましょう。

2. パンの家としてベツレヘムについて考えてきましたが、こんどは「ダビデの家」としてとらえましょう。ダビデは若い頃、羊飼いでした。神は、ご自分の民の羊飼い、指導者として彼をお選びになりました。降誕祭に、イエスをダビデの町でこの世界に迎えたのは羊飼いたちでした。福音に記されているように、その夜、「彼らは非常に恐れました」(ルカ2・9)。しかし、天使は「恐れるな」(10節)と彼らに告げました。この「恐れるな」ということばは、神が何度も繰り返し、求めておられるかのように、福音書に何度も記されています。わたしたちは原初から、自らの罪のために神を恐れてきたからです。アダムは罪を犯した後に、「恐ろしくなり、隠れております」(創世記3・10)と言いました。ベツレヘムはこの恐れに対する良薬です。人間が何度「いいえ」と言っても、神はつねに「はい」と答えておられるからです。神は、どんなときにもわたしたちとともにおられます。ご自分がおられることにより恐れが生じることのないように、神は自ら、柔和な幼子になられます。「恐れるな」ということばは、聖人にではなく、羊飼いに告げられました。もちろん彼らは、繊細さや敬虔さによって人々に認められていたわけではありません。独りで取り残される人はだれもいないことを伝えるために、ダビデの子は羊飼いたちの中でお生まれになりました。わたしたちには、あらゆる恐れを消し去り、一人残らずすべての人を愛してくださる、良い羊飼いである主がおられるのです。

 ベツレヘムの羊飼いたちは、どのように主に会いに行ったらよいかも教えています。彼らは夜通し起きていました。眠らずに、目覚めていました(マタイ25・13、マルコ13・35、ルカ21・36参照)。これは、イエスがわたしたちに何度も求めたことです。彼らは闇の中で敏感に、注意を傾け続けました。すると神の光が「周りを照らしました」(ルカ2・9)。このことはわたしたちにも当てはまります。生きることは待つことでもあります。問題だらけの闇の中でも主を信頼し、主を待ち望めば、やがて神の光を受けます。一方、すべてのことが自分の力と手段だけにかかっていると考え、野望を抱くという生き方もあります。しかしその場合、神の光は遮られ、その人たちの心には届きません。主はわたしたちが待っていることをお望みですが、ソファーに寝そべって眠りながら待っていてはなりません。したがって、先ほど「急いで行った」(16節)と朗読されたように、羊飼いたちはただちに出かけました。彼らは、もう到達したから何もしなくてもいいと思っている人のように、ただそこに立っていたのではありません。そうではなく、自分の群れを置きざりにして出かけました。神のために思い切って行動しました。彼らは話すのが得意ではありませんでしたが、イエスに出会った後、イエスがお生まれになったことを伝えに行きました。そして「聞いた者は皆、羊飼いたちの話を不思議に思った」(18節)のです。

 目覚めていること、出向くこと、思い切って行動すること、素晴らしいことを伝えること、これらは皆、愛のわざです。降誕祭にご自分のいのちを羊の群れに与えるために来られた良い羊飼いは、その後、復活された日にペトロに、そして彼を通してわたしたち全員に、「わたしを愛しているか」(ヨハネ21・15)という究極の問いを投げかけています。羊の群れの未来は、この問いにどう答えるかにかかっています。今夜、わたしたちもイエスのこの問いに、「わたしはあなたを愛しています」と答えるよう求められています。一人ひとりの答えは群れ全体にとって欠かせないものなのです。

 「さあ、ベツレヘムへ行こう」(ルカ2・15)と言いながら、羊飼いたちは出発しました。主よ、わたしたちもベツレヘムへ行きたいのです。道は今も上り坂です。わたしたちの利己主義という丘を越えなければならないからです。また、世俗主義と消費主義という脇道に逸れないようにしなければなりません。

 主よ、わたしもベツレヘムに行きたいのです。あなたがそこで待っておられるからです。飼い葉桶に横たわっておられるあなたが、わたしのいのちの糧であることに気づかせてください。わたしにはあなたの愛の優しい香りが必要です。そうすればわたしも世界のために裂かれたパンになれるからです。良い羊飼いである主よ、あなたの肩にわたしを背負ってください。あなたに愛されれば、わたしも兄弟姉妹を愛し、彼らの手を取ることができます。そして降誕祭に、こう言うことができるでしょう。「主よ、あなたは何もかもご存じです。わたしがあなたを愛していることを、あなたはよく知っておられます」(ヨハネ21・17)。

PAGE TOP