教皇フランシスコ、2019年降誕祭ミサ説教(2019.12.24)

 

教皇フランシスコ、2019年降誕祭ミサ説教

 「闇の中を歩む民は、大いなる光を見た」(イザヤ9・1)。第一朗読の中にあるこの預言は、まさに福音において実現します。羊飼いたちが夜通し野宿をしていたとき、「主の栄光が周りを照らし」(ルカ2・9)たのです。地上に夜が訪れても、天には光が現れます。闇に輝く光は、何を意味しているのでしょうか。その答えは、「すべての人々に救いをもたらす神の恵みが現れました」(テトス2・11)という聖パウロのことばの中に示されています。その恵みの光が今夜、この世界を包んでいます。

 それでは、その恵みとは何でしょうか。それは神の愛、すなわちいのちを変え、歴史を新たにし、悪から解き放ち、平和と喜びをもたらす愛にほかなりません。今宵、神のその愛がわたしたちに示されました。それこそがイエスです。至聖なるかたは、わたしたちがご自身を愛せるようにするために、イエスのうちに自ら小さくなられました。神は、わたしたちがご自身を抱けるようにするために、イエスのうちに幼子になられました。それでも、わたしたちは自らに問います。どうして聖パウロはこの世への神の到来を「恵み」と呼んだのでしょうか。それは、完全に無償で与えられるものについて、わたしたちに伝えるためです。地上では、すべてのことが、得るために与えるという論理に支配されているように思えますが、神は何の見返りも求めずに訪れました。神の愛は、決して取引するようなものではありません。わたしたちはその愛を受けるに値することを何も行ってきませんでしたし、その愛に報いることも決してできないでしょう。

 神の恵みが現れました。わたしたちは神がこの夜に自分たちのために小さくなられたことに、たとえ理解できなかったとしても、気づきます。神は、わたしたちが自分たちのことで手一杯なときに、わたしたちの間に来られました。神はわたしたち皆を、たとえ最悪な状態にあっても、愛してくださることを、降誕祭は思い起こさせてくれます。わたし、あなた、そしてわたしたち一人ひとりを愛してくださるのです。今日、神はわたしたちにこう言っておられます。「わたしはあなたを愛し、これからもずっと愛し続ける。あなたはわたしの目に尊い者として映っているのだから」。神はあなたが正しく考え、よい行いをするから、あなたを愛してくださるわけではありません。神はあなたを愛してくださる、それだけで十分です。神の愛は無条件で与えられるもので、あなたの言動には左右されません。わたしたちは誤った考えを抱いたり、世論に迎合したりするかもしれません。しかし主はあなたを愛するのをやめません。わたしたちは、もし自分たちが善い者なら、神は優しくしてくださり、悪い者なら罰を与えられると何度考えたことでしょう。しかしそれは違います。わたしたちがどんな罪を犯しても、神は愛し続けます。神の愛は決して変わりません。神の愛はきまぐれではありません。神の愛は忠実で忍耐強いのです。それこそが、降誕祭にわたしたちが見いだす贈り物です。主はまったく無償で与えられたかた、この上もなく優しいかたであることを、わたしたちは驚きのうちに知ります。主の栄光はわたしたちを圧倒しません。主の現存はわたしたちを委縮させません。主は、ご自分の愛という宝でわたしたちの心をとらえるために、まったく貧しい状態でお生まれになります。

 神の恵みが現れました。恵みは美の同意語です。わたしたちは今夜、神の愛の美の中で、自分自身の美も見いだします。わたしたちは神に愛されているからです。善人であろうと悪人であろうと、病者であろうと健康な人であろうと、幸せであろうと悲しんでいようと、わたしたちは神の目に美しく映っています。神はわたしたちが行ったことではなく、わたしたちのありのままの姿を見ておられるのです。わたしたちの心の奥底には、消すことも、触れることもできない美があります。それはわたしたちの存在の核心である、決して抑えることのできない美です。神は今日、そのことをわたしたちに伝えておられます。愛をもってわたしたち人間を抱きしめ、永遠にわたしたちと「婚姻を結ばれる」のです。

 今夜、羊飼いに告げられる「大きな喜び」は、「民全体に与えられる」ものです。わたしたちも弱さや過ちをかかえながら、もちろん聖人のうちではなく、その羊飼いのうちにいます。そして神は羊飼いたちに呼びかけられたように、わたしたちにも呼びかけておられます。神はわたしたちを愛しておられるからです。そして、いのちの闇の中で、羊飼いたちに呼びかけたように、「恐れるな」(ルカ2・10)とわたしたちにも告げておられます。勇気をもってください。自信を失わないでください。希望を失わないでください。愛することは時間の無駄だなどと考えないでください。この夜、愛は恐れを克服しました。新しい希望が生まれました。神の愛の光が、人間の傲慢さという闇に打ち勝ったのです。皆さん、神は皆さんを愛しておられます。神は皆さんのために人となられました。皆さんはもう独りではないのです。

 親愛なる兄弟姉妹の皆さん、わたしたちはその恵みを前にして、何をしたらよいでしょうか。ただ一つのことです。その贈り物を受け取るのです。神を探しに出かける前に、神によって探されるがままに任せましょう。神が最初に探してくださるのです。自分ができることから始めるのではなく、神の恵みから始めるのです。神はイエスであり、救い主だからです。幼子イエスを見つめ、その優しさに包まれるがままに任せましょう。そうすれば、神の愛に身をゆだねなかったことを弁解する必要がなくなります。人生の中で行った悪事、教会の中でうまくいかなかったこと、世界の中で問題となったことはすべて、弁解する必要のないこと、二次的なことになります。イエスの計り知れない愛、穏やかさと親しさにあふれるその愛の前では、弁解は必要ありません。降誕祭には、次の問いが心に湧き上がります。「わたしは神によって愛されるがままに任せているだろうか。」「救いに来てくださる神の愛に、わたしは身をゆだねているだろうか。」

 これほど偉大な贈り物には、いくら感謝してもしきれません。恵みを受けることは、感謝することなのです。しかし、わたしたちの生活は、しばしば感謝の念からかけ離れたところにあります。今日こそ、聖ひつや、馬小屋、飼い葉おけに近づき、ありがとうと言うのにふさわしい日です。イエスという贈り物を受け、それから自分もイエスのように贈り物になりましょう。自分自身を贈り物にすることは、いのちに意味を与えることです。それこそが世界を変えるのに最適な方法です。わたしたちは変わります。教会は変わります。歴史が変わります。他者を変えようとするのをやめ、自分自身を変えようとしてはじめて、自分のいのちを贈り物にできるのです。

 イエスはそのことを今夜、わたしたちに示しておられます。イエスはだれかに圧力をかけたり、ことばをあびせかけたりすることによってではなく、ご自分のいのちを贈り物として差し出すことによって歴史を変えました。イエスは、わたしたちが愛するに値するほど善い人となるまで待っておられるのではなく、ご自身を無償でわたしたちにささげてくださいました。わたしたちも、隣人が自分によくしてくれるよう変わるのを待ったり、自分が愛せるほど教会が完璧になるのを待ったり、自分が奉仕するに値するほど、他者が配慮してくれるまで待ったりしないようにしましょう。自分自身から始めましょう。それこそが、恵みという贈り物を受けるということなのです。そして聖性とは、この無償性を守ることにほかなりません。

 イエスがお生まれになったとき、羊飼いたちがさまざまな贈り物をもって馬小屋へと急いだという美しい話が語られています。それぞれが自分のもっているものを携えて行きました。労働の実りをもって行った人もいれば、なにか貴重なものをもって行った人もいました。皆が何かしらの贈り物をもっていましたが、何も差し出すもののない羊飼いが一人いました。その人は非常に貧しかったので、差し出せる贈り物がなかったのです。他の人々が贈り物をしようと競い合っている間、彼は離れたところに立って、自らを恥じていました。ある時点で、聖ヨセフと聖母マリアは、すべての贈り物を受け取るのが大変になります。とくにマリアは幼子を抱きかかえなければなりませんでした。その羊飼いが手に何ももっていないのを見て、マリアは彼に近くに来るよう頼み、彼の腕に幼子イエスをあずけます。幼子を受け取ったこの羊飼いは、あらゆる時代でもっとも偉大な贈り物を抱きかかえるという、身に余るような贈り物を受けたことに気づきました。彼は、それまではいつも空であった自分の手を見ます。その手は神のゆりかごになっていました。彼は自分が愛されていると感じ、羞恥心を乗り越え、他の人々にイエスを示し始めました。自分だけのもとに、この至高の贈り物をとどめておくことはできなかったのです。

 親愛なる兄弟姉妹の皆さん、もし皆さんの手には何もないと感じ、皆さんの心が愛に飢えていると感じたら、今夜は皆さんのためにあります。神の恵みが現れました。それはあなたのいのちをさらに輝かせるためです。その恵みを受けてください。そうすれば、降誕祭の光があなたの中で輝き続けるでしょう。

PAGE TOP