使徒的勧告 愛するアマゾン

2021年1月29日発売
アマゾン周辺地域のための特別シノドス後の、「神の民と、善意あるすべての人」にあてられた使徒的勧告。回勅『ラウダート・シ』で繰り返された「あらゆるものはつながっている」というメッセージのもと、アマゾンの民族、文化、経済、自然に関する深刻な脅威を具体的に指摘することで、全人類が受け止めるべき喫緊の課題を示し、預言的役割としての教会の社会的参与の必要性を説く。また、文化の多様性の尊重を強く求め、地域の特殊性を包括したインカルチュレーションの実現を示唆する。
【原文の発表年月日】2020年2月2日

原タイトル QUERIDA AMAZONIA
著者 教皇フランシスコ
発行日 2021/2/2
判型 四六・上製
ページ数 112 P
価格 本体価格 1000円(税込1100円)
ISBN 978-4-87750-228-7
在庫状況 入庫待ち

当出版部へご注文

書店でご購入

全国のカトリック書店で取扱っています。

オンラインでご購入

目次・内容を確認する目次・内容を閉じる

目次

 本勧告の意義
 アマゾンに抱く夢

第一章 社会の夢
 不正義と犯罪
 憤ること、そしてゆるしを請うこと
 共同体意識
 ゆがめられた諸制度
 社会的対話

第二章 文化の夢
 アマゾンの多面体
 ルーツを大切にすること
 文化間の出会い
 脅かされる諸文化、危機にある諸民族

第三章 エコロジーの夢
 水で編まれたこの夢
 アマゾンの叫び
 観想による預言
 教育とエコロジカルな習慣

第四章 教会の夢
 アマゾンにおいて欠かせない告知
 インカルチュレーション
 アマゾンにおけるインカルチュレーションの歩み
 社会的・霊的インカルチュレーション
 アマゾンの聖性のための出発点
 典礼のインカルチュレーション
 奉仕職のインカルチュレーション
 活気あふれる共同体
 女性の強さと才能
 対立を越えて地平を広げる
 エキュメニカルで、宗教間の違いを超えた共生

結び アマゾンの母

 注
 あとがき

PAGE TOP