カトリック教会のカテキズム

本書は教皇任命による教皇庁諸庁の要員からなる委員によって編纂された「使徒継承の信仰に関する新しい権威ある解説書」(教皇使徒的書簡「大きな喜びをもって」)です。聖職者や修道者ばかりでなく一般信徒にとっても、信仰生活の助けとなるテキストとして「カトリックの信仰と教理とが誠実に体系的にまとめられ」(同前)ています。

原タイトル CATECHISMUS CATHOLICAE ECCLESIAE
著者
発行日 2002/7/31
判型 A5(上製)
ページ数 872 P
価格 本体価格 3600円(税込3888円)
ISBN 978-4-87750-101-3
在庫状況 発売中

当出版部へご注文

書店でご購入

全国のカトリック書店で取扱っています。

オンラインでご購入

目次・内容を確認する目次・内容を閉じる

目次

  1. 「カトリック教会のカテキズム」日本語版の発刊にあたって
  2. 使徒的書簡 大きな喜びをもって
  3. 使徒憲章 ゆだねられた信仰の遺産
  4. 序論
    1. 人生とは-神を知り、愛すること
    2. 信仰を伝えるカテケージス
    3. 本書の目的と使用者
    4. 本書の構造
    5. 本書を使用するにあたっての留意事項
    6. 不可欠な適応
  5. 第1編 信仰宣言
    1. 第1部 「わたしは信じます」「わたしたちは信じます」
      1. 第1章 人間は神を「知ることができる」
      2. 第2章 人間を訪れる神
        1. 第1項 神の啓示
        2. 第2項 神の啓示の伝達
        3. 第3項 聖書
      3. 第3章 神への人間の応答
        1. 第1項 わたしは信じます
        2. 第2項 わたしたちは信じます
    2. 第2部 キリスト教の信仰宣言
      1. 第1章 わたしは父である神を信じます
        1. 第1項 「天地の創造主、全能の父である神を信じます」
      2. 第2章 神のひとり子 イエス・キリストを信じます
        1. 第2項 「イエス・キリスト、神のひとり子、わたしたちの主」
        2. 第3項 イエス・キリストは「聖霊によって人となり、おとめマリアから生まれ」
        3. 第4項 イエス・キリストは「ポンティオ・ピラトのもとで苦しみを受け、十字架につけられて死に、葬られた」
        4. 第5項 「イエス・キリストは死者のもとに下り、三日目に復活された」
        5. 第6項 「イエスは天に上って、全能の、父である神の右に着かれた」
        6. 第7項 「生者と死者を裁くために来られます」
      3. 第3章 聖霊を信じます
        1. 第8項 「聖霊を信じます」
        2. 第9項 「聖なる普遍の教会を信じます」
        3. 第10項 「罪のゆるしを信じます」
        4. 第11項 「からだの復活を信じます」
        5. 第12項 「永遠のいのちを信じます」
  6. 第2編 キリスト教の神秘を祝う
  7.   第1部 秘跡による救いの営み
       第1章 教会の時代における過越の神秘
         第1項 聖三位一体のわざである典礼
         第2項 教会の諸秘跡における過越の神秘
       第2章 過越の神秘の秘跡祭儀
         第1項 教会の典礼を挙行する
         第2項 典礼の多様性と神秘の単一性
      第2部 教会の七つの秘跡
       第1章 キリスト教入信の秘跡
         第1項 洗礼の秘跡
         第2項 堅信の秘跡
         第3項 エウカリスチアの秘跡
       第2章 いやしの秘跡
         第4項 ゆるしと和解の秘跡
         第5項 病者の塗油の秘跡
       第3章 交わりをはぐくむための秘跡
         第6項 叙階の秘跡
         第7項 結婚の秘跡
       第4章 他の典礼儀式
         第1項 準秘跡
         第2項 キリスト教の葬儀

  8. 第3編 キリストと一致して生きる
  9.   第1部 人間の召命、霊における生活
       第1章 人格の尊厳
         第1項 神の似姿である人間
         第2項 至福への召命
         第3項 人間の自由
         第4項 人間行為の倫理性
         第5項 情熱の倫理性
         第6項 倫理的良心
         第7項 徳
         第8項 罪
       第2章 人間共同体
         第1項 個人と社会
         第2項 社会生活への参加
         第3項 社会正義
       第3章 神の救い:法と恵み
         第1項 道徳法
         第2項 恵みと義化
         第3項 母であり養育者である教会
      第2部 神の十戒
       第1章 「心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、
             あなたの神である主を愛しなさい」
         第1項 第一のおきて
         第2項 第二のおきて
         第3項 第三のおきて
       第2章 「隣人を自分のように愛しなさい」
         第4項 第四のおきて
         第5項 第五のおきて
         第6項 第六のおきて
         第7項 第七のおきて
         第8項 第八のおきて
         第9項 第九のおきて
         第10項 第十のおきて

  10. 第4編 キリスト教の祈り
  11.   第1部 キリスト教的生活の中での祈り
       第1章 祈りの啓示
         第1項 旧約時代の祈り
         第2項 時が満ちて
         第3項 教会の時代に
       第2章 祈りの伝承
         第1項 祈りの源泉
         第2項 祈りのしかた
         第3項 祈りを助けてくれるもの
       第3章 祈りの生活
         第1項 祈りのさまざまな形
         第2項 祈りの戦い
      第2部 主の祈り:「わたしたちの父よ」
         第1項 「全福音を要約する祈り」
         第2項 「天におられるわたしたちの父よ」
         第3項 七つの願い
         結びの栄唱(頌栄)

PAGE TOP