回勅 働くことについて

わたしたち人間のみがもつ特徴の一つである「働くこと」。「働く」とは何か、働くことの意味とそのキリスト教的霊性について説くとともに、労働問題や労働者の尊厳・権利にも触れ、現代社会における必要と教会の役割を示します。
【原文の発表年月日】1981年9月14日

原タイトル LABOREM EXERCENS
著者 教皇ヨハネ・パウロ二世
発行日 1982/2/23
判型 B6
ページ数 112 P
価格 本体価格 777円(税込839円)
ISBN 978-4-87750-015-3
在庫状況 発売中

当出版部へご注文

書店でご購入

全国のカトリック書店で取扱っています。

目次・内容を確認する目次・内容を閉じる

目次

第一章 序

  1. 『レールム・ノヴァルム』九十周年にあたり人間の働くことについて
  2. 教会の社会活動と教えの有機的発展のなかで
  3. 社会問題の鍵、労働問題

第二章 働くことと人間

  1. 創世記による
  2. 客観的な意味での働くこと、科学技術
  3. 主体的な意味での働くこと、働く主体としての人間
  4. 正しい価値序列への脅威
  5. 働く人の連帯
  6. 働くことと人格の尊さ
  7. 働くことと社会、家庭と国家

第三章 歴史の現段階での労働と資本の闘争

  1. 闘争の要因
  2. 労働の優先
  3. 経済主義と物質主義
  4. 労働と所有
  5. 「人格主義」の見解

第四章 労働者の権利

  1. 人権の広い総体のなかで
  2. 直接および間接雇用者
  3. 雇用の問題
  4. 賃金その他の社会福利
  5. 労働組合の重要性
  6. 農業労働の尊厳
  7. 障害者と労働
  8. 労働と移住問題

第五章 働くことの霊性を求めて

  1. 教会の特別な任務
  2. 働くことで創造主の活動に参加する
  3. 労働の人、キリスト
  4. キリストの十字架と復活の光の中での人間の労働


PAGE TOP