回勅 いつくしみ深い神

神のいつくしみを求める叫びは、現代の教会の特徴でなくてはなりません……。聖書に表現された「いつくしみ」の概念を考察し、キリストの復活の秘義にこそ、その完全な啓示があることを再確認する回勅。正義の理念がゆがめられた現代社会への、愛といつくしみの実践の訴え。

原タイトル DIVES IN MISERICORDIA
著者 教皇ヨハネ・パウロ二世
発行日 2015/12/8
判型 A6
ページ数 144 P
価格 本体価格 625円(税込675円)
ISBN 978-4-87750-196-9
在庫状況 発売中

当出版部へご注文

書店でご購入

全国のカトリック書店で取扱っています。

オンラインでご購入

目次・内容を確認する目次・内容を閉じる

目次

第一章 わたしを見る人は父を見る
1 いつくしみの啓示
2 いつくしみの受肉

第二章 メシア的メッセージ
3 キリストが行いかつ教え始めたとき

第三章 旧約
4 旧訳における「いつくしみ」の観念

第四章 放蕩息子のたとえ
5 一つの類似
6 人間の尊厳

第五章 復活秘義
7 十字架と復活に現れたいつくしみ
8 死よりも罪よりも強い愛
9 いつくしみの母

第六章 代々に至るあわれみ
10 現代の一つのイメージ
11 不安の源泉
12 正義で足りるか

第七章 教会の使命における神のいつくしみ
13 教会は神のいつくしみへの信仰を告白し宣言する
14 教会はいつくしみを実行しようとする

第八章 現代における教会の祈り
15 教会は神のいつくしみに訴える


【付録】
教皇司式による福者マリア・ファウスティナ・コヴァルスカ列聖式ミサ
教皇ヨハネ・パウロ二世の説教
あとがき

PAGE TOP