宣言 主イエス イエス・キリストと教会の救いの唯一性と普遍性について

カトリック教会にとって諸宗教対話とは、福音宣教という使命の一部をなすものです。しかし、その実践や本質探究にあたっては、種々の問題が生じていることも事実です。それら諸問題に答えるため、各方面から数々の提案や実践法が提言されていますが、本宣言は、それら諸提言に対しては欠かさず「慎重な識別」を行うことが必要であると説き、カトリック教会が固持すべき固有のアイデンティティを明示しています。なお、この教義的文書の理解の助けとなる訳者(和田幹男・大阪教区司祭)による概説も併せて収録しました。

原タイトル Declaration Dominus Iesus
on the Unicity and Salvific Universality of Jesus Christ and the Church
著者 教皇庁 教理省
発行日 2006/6/1
判型 B6
ページ数 96 P
価格 本体価格 1200円(税込1296円)
ISBN 978-4-87750-123-5
在庫状況 発売中

当出版部へご注文

書店でご購入

全国のカトリック書店で取扱っています。

オンラインでご購入

目次・内容を確認する目次・内容を閉じる

目次

序 文
第一章 イエス・キリストの啓示の充満性と決定性
第二章 救いの働きにおける受肉したみことばと聖霊
第三章 イエス・キリストの救いの秘義の唯一性と普遍性
第四章 教会の唯一性と同一性
第五章 神の国、キリストの国である教会
第六章 救いとのかかわりにおける教会と諸宗教
結 論

付録 本宣言の概説(和田幹男)

PAGE TOP