指針 人格の尊厳――生命倫理のいくつかの問題について

1987年公布『生命のはじまりに関する教書』の改訂となる指針。その後に見られた生命科学の進展――とくに1997年の体細胞核移植(クローニング)によるクローン羊ドリーの誕生、1998年のヒトES細胞(胚性幹細胞)作製の成功など――を受け、新たに登場した生命科学技術に関しなされる倫理的考察と判断。

原タイトル Instructio Dignitas personae: de Quibusdam Scientiae Bioethicae Quaestionibus
著者 教皇庁教理省
発行日 2014/7/4
判型 B6
ページ数 64 P
価格 本体価格 850円(税込918円)
ISBN 978-4-87750-186-0
在庫状況 発売中

当出版部へご注文

書店でご購入

全国のカトリック書店で取扱っています。

オンラインでご購入

目次・内容を確認する目次・内容を閉じる

目次

序文
第一部 人間のいのちと出産の人間論的・神学的・倫理的側面
第二部 出産に関する新たな問題
 妊娠補助技術
 体外受精と胚の意図的な破壊
 卵細胞質内精子注入法(ICSI)
 胚の凍結
 卵母細胞の凍結
 胚の減数
 着床前診断
 新たなかたちの着床妨害と除胎
第三部 胚またはヒト遺伝子の操作を含む新たな治療
 遺伝子治療
 人クローニング
 幹細胞の治療応用
 ハイブリッド化の試み
 不正に採取されたヒト由来「生物学的材料」の使用
結語

訳者あとがき

PAGE TOP