使徒的書簡 女性の尊厳と使命

女性の道徳的、霊的な強さは、神が人間を特別な方法で女性に託しておられるという意識とつながっています……。創世記から黙示録に至るまでの聖書テキストを通して行う女性の聖書的典型の黙想によって明らかとなる、教会と社会における女性の尊厳と使命に関するメッセージ。解説は、日本カトリック女性団体連盟顧問である浜口末男大分教区司教。

原タイトル MULIERIS DIGNITATEM
著者 教皇ヨハネ・パウロ二世
発行日 2014/9/12
判型 A6
ページ数 224 P
価格 本体価格 750円(税込810円)
ISBN 978-4-87750-188-4
在庫状況 発売中

当出版部へご注文

書店でご購入

全国のカトリック書店で取扱っています。

オンラインでご購入

目次・内容を確認する目次・内容を閉じる

目次

目次
使徒的書簡 女性の尊厳と使命
 第一章 序文
 第二章 神の母(テオトコス)なる女性
 第三章 神に似た人間の姿
 第四章 エバ―マリア
 第五章 イエス・キリスト
 第六章 母性と処女性
 第七章 教会―キリストの花嫁
 第八章 「もっとも大いなるものは愛である」
 第九章 結び
 注

【付録】
女性への手紙
一般謁見講話(一九九四年)

解説

PAGE TOP