回勅 希望による救い

近代科学の発展により、私的・個人的領域に追いやられてしまっている希望。キリスト教信仰におけるその真の価値を示す回勅。聖書と初代教会の世界を通して希望の概念を明らかにし、近代におけるその変容を批判的に検討した上で、現代に生きるわたしたちが希望を学び実践する「場」についての考察がなされています。

【原文の発表年月日】2007年11月30日

原タイトル SPE SALVI
著者 教皇ベネディクト十六世
発行日 2008/6/13
判型 四六・上製
ページ数 112 P
価格 本体価格 900円(税込972円)
ISBN 978-4-87750-139-6
在庫状況 発売中

当出版部へご注文

書店でご購入

全国のカトリック書店で取扱っています。

オンラインでご購入

目次・内容を確認する目次・内容を閉じる

目次

序文
信仰とは希望である
新約と初代教会における、信仰に基づく希望の概念
永遠のいのちとは
キリスト教的希望は個人主義的なものか
近代におけるキリスト教的信仰と希望の変容
キリスト教的希望の真の姿
希望を学び、実践するための「場」
  一 希望の学びやとしての祈り
  二 希望を学ぶ場としての行動と苦しみ
  三 希望を学び、実践する場としての審判
希望の星であるマリア
   注
   訳者あとがき

PAGE TOP