使徒的書簡 主よ、一緒にお泊まりください

大聖年以降、教皇は「主のみ顔の観想」を常にテーマとして掲げてきました。そして「昇りつづける旅の高い地点での統合の年」として2005年10月までを「聖体の年」と定めました。
本使徒的書簡において教皇は、共同体の源泉である聖体は、すべてを超えて祝われるべき偉大な神秘であることを再確認し、聖体の年を豊かに実り多く過ごすよう招いています。

【原文の発表年月日】2004年10月7日

原タイトル MANE NOBISCUM DOMINE
著者 教皇ヨハネ・パウロ二世
発行日 2004/12/25
判型 B6
ページ数 64 P
価格 本体価格 600円(税込648円)
ISBN 978-4-87750-113-6
在庫状況 発売中

当出版部へご注文

書店でご購入

全国のカトリック書店で取扱っています。

オンラインでご購入

目次・内容を確認する目次・内容を閉じる

目次

主よ、一緒にお泊まりください
序文
第一章 公会議と大聖年が通った道
第二章 光の神秘である聖体
第三章 一致の源泉であり現れである聖体
第四章 「派遣」の根源であり計画である聖体
結び

【付録】 聖体の年開幕の式典におけるあいさつ

PAGE TOP