使徒的勧告 福音の喜び

「キリスト教信仰を伝えるための新しい福音宣教」をテーマとした世界代表司教会議(シノドス)後の使徒的勧告。共同体、聖職者、そしてすべての信者に、自分自身の殻に閉じこもることなく外へと出向いて行き、弱い立場にある人、苦しむ人、貧しい人、すべての人に福音を伝えるよう強く促す。「熱意と活力に満ちた宣教の新しい段階」への歩みを望む教皇の思いが力強く表現された、希望と励ましに満ちた文書。

【原文の発表年月日】2013年11月24日

原タイトル EVANGELII GAUDIUM
著者 教皇フランシスコ
発行日 2014/6/20
判型 四六・上製
ページ数 272 P
価格 本体価格 1600円(税込1728円)
ISBN 978-4-87750-184-6
在庫状況 発売中

当出版部へご注文

書店でご購入

全国のカトリック書店で取扱っています。

オンラインでご購入

目次・内容を確認する目次・内容を閉じる

目次

  1. 序 文
    1. Ⅰ 新しく、共有される喜び
    2. Ⅱ 甘美と慰めに満ちた福音宣教の喜び
    3. Ⅲ 信仰伝達のための新しい福音宣教
  2. 第一章 教会の宣教の変革
    1. Ⅰ 出向いて行く教会
    2. Ⅱ 回心する司牧
    3. Ⅲ 福音の神髄から
    4. Ⅳ 人間の限界の中に具現化する宣教
    5. Ⅴ 開かれた母の心
  3. 第二章 危機に直面する共同体
    1. I 現代世界における課題
    2. Ⅱ 司牧にかかわる者が直面する誘惑
  4. 第三章 福音の告知
    1. Ⅰ 福音を伝えるのは神の民全体である
    2. Ⅱ 説教
    3. Ⅲ 説教の準備
    4. Ⅳ ケリュグマを深めるための福音化
  5. 第四章 福音宣教の社会的次元
    1. Ⅰ ケリュグマの共同体的・社会的影響
    2. Ⅱ 貧しい人々の社会的包摂
    3. Ⅲ 共通善と平和な社会
    4. Ⅳ 平和への貢献としての社会的対話
  6. 第五章 聖霊とともにある福音宣教者
    1. Ⅰ 宣教を新たに推進するための動機
    2. Ⅱ 福音宣教の母であるマリア
  7. あとがき

PAGE TOP