在留特別許可嘆願署名キャンペーン

日本カトリック司教団からの呼びかけ

日本カトリック司教団

 わたしたち日本カトリック司教団は、2021年12月の難民移住移動者に関する研修会で、日本で生まれ育った、在留資格がなく強制送還の危機にさらされている外国ルーツの若者の証言を聞きました。働くことも、健康保険に入ることもできず、若くして道を閉ざされている子どもたちやその家族がいます。わたしたちは、このような子どもたちと家族に「在留特別許可」が与えられるよう要請書を出すことを、今年2022年の定例司教総会で決定し、3月25日付書簡を古川禎久法務大臣に提出しました。

 日本の入管制度では、法務大臣の行政裁量で、非正規在留を合法化する「在留特別許可」を出すことができます。わたしたちは、道を閉ざされてしまっている兄弟姉妹たちに人道的な配慮を示すよう古川大臣に要請しました。日本の教会の皆さん、また思いを同じくする皆さんに賛同の署名を呼びかけます。

 要請文はカトリック中央協議会ホームページ(https://www.cbcj.catholic.jp/2022/05/23/24645/)で読むことができます。また、「弱くて声も上げられない子どもの移住者たち」をテーマとする2017年「世界難民移住移動者の日」教皇メッセージをお読みください。

 一致して兄弟姉妹のいのちと尊厳を守るために、ともに祈りと行動を呼びかけたいと思います。

日本カトリック司教団

電子署名はこちらからお願いします

コロナウィルス感染拡大の心配もありますので、今回は対面での署名活動は行わずChange.orgというサービスを利用しての電子署名のみ行います。電子署名は電子メールアドレスをお持ちの方が署名できる仕組みになっています。
下記のボタンをクリックするか、スマートホンで下記のQRコードをスキャンしてChange.orgのキャンペーンページに移動し、下記のように賛同する手続きを行ってください。

  1. キャンペーンページに移動すると、姓、名、Eメールアドレスを入力する欄がありますので、それぞれ入力します。
  2. 「今すぐ賛同」という赤いボタンをクリック(タップ)します。
  3. 先ほど入力したEメールアドレスに「○○さん:メールアドレスの認証がされない場合、賛同が取り消されますのでご注意ください」というメールが届きますのでこのメールを開きます。
  4. メール本文内に表示されている「あなたの賛同を認証するには、こちらをクリックしてください。」という赤いボタンをクリック(タップ)してください。
  5. これで手続きは終了です。
    これ以上は何も操作せず、ブラウザを閉じて(アプリを終了して)ください。

ご注意)
終了後に表示される「賛同の次にできること」「○○円でこのキャンペーンを広めるお手伝いをしませんか?」「キャンペーンを成功に導くヒントが二つあります」などと書かれたページは無視してください。⇒ブラウザを閉じる。(アプリを終了する。)
当キャンペーンでは、寄付・支援金の類は
一切お願いしておりません。

各司教からの呼びかけメッセージ動画

 
 

関連情報

  • 司教のための社会問題研修会2021年12月-カトリック新聞2022年1月30日号掲載
    上のリンクから、2021年12月に開催された司教のための社会問題研修会について伝えるカトリック新聞の記事をお読みになれます。
    この研修会にはこの問題の当事者である20歳の大学生がオンラインで出席し、ご自分の置かれている状況について直接司教団にお話しました。

  • 日本カトリック難民移住移動者サイト『人間の大地で、今』
    上のサイトでカトリック新聞で連載されている『人間の大地で、今』のバックナンバーを読むことができます。日本に滞在する外国人の長期収容・送還の現状を知ることができます。

  • 映画『マイスモールランド』
    上のリンクから、映画『マイスモールランド』について紹介しているカトリック新聞の記事をお読みになれます。ご一読ください。

    この映画は、日本に滞在されている難民の方々の置かれている状況がとにかく肌感覚で伝わってくる映画です。皆様にもぜひご覧いただきたいと思います。
    上映している映画館は少ないですが、2022年夏、まだ見ることの出来る映画です。
    こちらから上映映画館を確認できます。
    (この映画は2022年春にテレビドラマ版として再編成されNHK-BSで放映されました。)

関連のお知らせ

お知らせ一覧

関連文書

日本司教団関連文書

文書一覧

PAGE TOP