希望は欺かない――二〇二五年の通常聖年公布の大勅書

2024年7月24日発売
2024年12月24日にバチカンのサンピエトロ大聖堂の聖なる扉が開かれて開幕し、2026年1月6日の主の公現の祭日に同扉が閉じられ閉幕する通常聖年。この聖年を公布する大勅書。聖年を、神の恵みから希望を受け、神へと向かう歩みを強めていただく機会とするとともに、困難にある多くの人に希望をもたらす者となるよう招く。教皇庁内赦院の免償に関する教令を併録。
【原文の発表年月日】2024年5月9日

原タイトル SPES NON CONFUNDIT
著者 教皇フランシスコ
発行日 2024/7/26
判型 A5中綴
ページ数 64 P
価格 本体価格 200円(税込220円)
ISBN 978-4-87750-253-9
在庫状況 入庫待ち

当出版部へご注文

書店でご購入

全国のカトリック書店で取扱っています。

目次・内容を確認する目次・内容を閉じる

目次

希望は欺かない――二〇二五年の通常聖年公布の大勅書
 希望のことば
 希望の道
 希望のしるし
 希望を求める訴え
 希望に錨を下ろして
  注

教皇庁内赦院
教皇フランシスコにより発表された
二〇二五年の通常聖年の間に
与えられる免償に関する教令
 一 聖なる巡礼
 二 巡礼所への聖なる訪問
 三 慈善と償いのわざ

聖年の祈り

聖年のロゴ

PAGE TOP