教皇フランシスコ の検索結果

教皇、長崎原爆後の少年写真を記者らに

教皇フランシスコは1月15日から、チリとペルーの南米2カ国訪問を始めました。教皇はチリに向かう機内で、原爆後に長崎で撮影された少年の写真を、同行の記者70人に渡しました。バチカン放送(日本語)が伝えています。 「焼き場に […]

教皇、南米2カ国を訪問

教皇フランシスコ=写真=は1月15日~22日、南米のチリとペルーを訪問します。教皇は両国で大統領をはじめ各界の代表者と会い、信者らと共にミサや祈りをささげます。詳しい日程はバチカン放送(日本語)で紹介されています。 教皇 […]

「カトリック情報ハンドブック2017」巻頭特集

「カトリック情報ハンドブック2017」 に掲載された巻頭特集(特集1・特集2)の全文をお読みいただけます。 ※最新号はこちらから 【ページ内目次】 特集1 東西十字路に立ったキリシタン―日伊国交150周年に寄せて 特集2 […]

2018年 カトリック教会から神道の皆さまへの新年のごあいさつ

教皇庁諸宗教対話評議会 「世代間の断絶という課題に直面している現代、 神道の皆さまとキリスト者がともに手をたずさえて」 親愛なる神道の皆さま、 1.教皇庁諸宗教対話評議会より、日本の皆さま、とりわけ神道の皆さまに新年のご […]

教皇、上智学院学生らと本日、対話イベント(ライブ配信)/録画が視聴可能

上智大学は、本日、12月18日(月)午後5時〜6時45分の予定で、映像回線を利用し、バチカンにいる教皇フランシスコと、東京・四谷に集まった学校法人上智学院の学生・生徒らと直接対話するイベントを行います。 この模様は、以下 […]

2019年ワールドユースデー(WYD)パナマ大会、準備進む

教皇フランシスコは、2019年1月にワールドユースデー(WYD)をパナマで行うことを決定し、全世界の青年に向けて参加を呼びかけられ、その準備が始まりました。 教皇庁信徒・家庭・いのちの部署の発表によれば、より深い交わりを […]

2019年ワールドユースデーパナマ大会

教皇フランシスコは2019年1月にワールドユースデーをパナマで行うことを決定し、全世界の青年に向けて参加を呼びかけられ、その準備が始まりました。 2019年ワールドユースデーパナマ大会 教皇庁信徒・家庭・生命省の発表によ […]

ウェイン・バーント神父、那覇教区司教に/叙階式は2月12日

教皇フランシスコは、那覇教区のべラルド押川壽夫司教(コンベンツアル聖フランシスコ修道会)の引退願いを受理し、沖縄・与那原教会の主任司祭ウェイン・バーント神父(カプチン・フランシスコ修道会)を同教区の新しい司教として任命し […]

教皇、ミャンマーとバングラデシュへ

教皇フランシスコは11月27日から12月2日まで、ミャンマーとバングラデシュを訪問しました。26日深夜にローマを発った教皇は、27日の昼過ぎにミャンマーのヤンゴンに到着しました。 同国の大統領やアウンサンスーチー国家最高 […]

教皇、貧しい人々とミサや昼食

第1回の「貧しい人のための世界祈願日」となった11月19日、バチカンのパウロ6世ホールで教皇フランシスコ=写真=も参加して昼食会が催され、経済的に恵まれない人々や支援を必要とする人々ら約1500人が招かれました。バチカン […]

「貧しい人のための世界祈願日」共同祈願(例文)

教皇フランシスコの意向により、2017年から年間第33主日を「貧しい人のための世界祈願日」とし、ともに祈りをささげることになりました。教皇フランシスコのメッセージを参考に、共同祈願の例文を準備いたしましたので、ミサや教会 […]

バチカンでたばこ販売取り止めへ

バチカンが11月9日に発表した声明によると、教皇フランシスコはバチカン市国内でのたばこの販売を来年の初めから取り止める決定をしました。 バチカン広報局のグレッグ・バーク局長は同声明で、取り止めの理由を「非常に単純」だと述 […]

教皇、“広島と長崎の声を新世代に”

バチカンで11月10日から2日間、核兵器の廃絶と軍縮に向けた道筋を考える国際シンポジウムが開かれ、日本原水爆被害者団体協議会の和田征子事務局次長も演説しました。バチカン放送(日本語版)が詳しく伝えています。 同会議には、 […]

菊地司教、東京教区大司教に/着座式日程

教皇フランシスコは、東京教区のペトロ岡田武夫大司教の引退願いを受理し、後任として新潟教区のタルチシオ菊地功司教(58歳)を任命しました。バチカンが10月25日正午(日本時間同日午後7時)に発表しました。 11月1日付、東 […]

ローマ・カトリックと宗教改革500年

 2017年はマルティン・ルターが『九十五ヵ条の論題』(1517年10月31日)を発表してから500年の記念の年です。カトリック教会とルーテル教会は、かつては激しく対立しましたが、宗教改革500年を共同で記念するという過 […]

2017年「世界宣教の日」教皇メッセージ(2017.10.22)

2017年「世界宣教の日」教皇メッセージ 「キリスト教信仰の核心にある宣教」 親愛なる兄弟姉妹の皆さん、 「世界宣教の日」は今年も再び、「最初にして最大の宣教者」(教皇パウロ六世、使徒的勧告『福音宣教』7)であるイエスの […]

11月19日、第1回「貧しい人のための世界祈願日」に向けて

教皇フランシスコは、いつくしみの特別聖年(2015年12月8日~2016年11月20日)の閉年にあたり公布された使徒的書簡『あわれみあるかたと、あわれな女』(2016年)で以下のように、年間第33主日を「貧しい人のための […]

公式巡礼団、右近の聖遺物を教皇に献呈

今年2月7日、大阪でユスト高山右近の列福式が行われましたが、このほど日本から列福答礼の公式巡礼団約100人がローマを訪れ、教皇フランシスコに右近の聖遺物を献呈しました。 司教団の公式巡礼団=写真右中=は、列福を許可した教 […]

教皇のフォロワー4,000万人到達!

教皇フランシスコ=写真=は9つの言語のツイッター(@Pontifex)で毎日発信しています。そのフォロワーが合計4,000万人になったと、バチカンが11日に発表しました。 インスタグラム(@franciscus)のフォロ […]

いつくしみ――教皇講話集

いつくしみの特別聖年中に行われた一般謁見連続講話。聖年の意味の解説から始まり、旧約聖書における御父のわざを考察し、いつくしみに満ちたイエスの姿を福音書に見る。そして「ゆるすこと」と「与えること」といういつくしみの2本の柱を示して、慈善のわざの実践を促す。

PAGE TOP