お知らせ

カリタスジャパンの東北地方太平洋沖地震の被災者救援募金について

カリタスジャパンが3月12日より東北地方太平洋沖地震の被災者救援募金を呼びかけています。詳しくは以下のカリタスジャパンのウェブサイトをご覧ください。

教皇ベネディクト十六世から東北地方太平洋沖地震被災者への見舞いのことばが届きました

3月11日(金)午後2時46分に東北地方と関東地方を襲ったマグニチュード8.8の東北地方太平洋沖地震被災者に対し、教皇庁国務省長官タルチジオ・ベルトーネ枢機卿を通して、教皇ベネディクト十六世より見舞いのことばが届きました。見舞いのことばは以下のとおりです(原文英語)。

教皇庁、ヨハネ・パウロ二世の列福関連行事日程を発表

教皇庁広報部は2月18日(金)、神のしもべ教皇ヨハネ・パウロ二世の列福関連行事日程を発表しました。発表された日程は次のとおりです。

教皇ヨハネ・パウロ二世の列福発表

教皇ベネディクト十六世は、1月14日(金)、教皇庁列聖省長官のアンジェロ・アマート枢機卿との謁見の中で、尊者・神のしもべヨハネ・パウロ二世(カロル・ヴォイティワ 1920年5月18日-2005年4月2日)の執り成しによる奇跡を認める教令を認可しました。

「カトリック情報ハンドブック2009」巻頭特集

「カトリック情報ハンドブック2009」 に掲載された巻頭特集の全文をお読みいただけます。 ※最新号はこちらから 特集2 キリシタン史跡をめぐる―中部編 カトリック中央協議会出版部・編  全国のキリシタン史跡を出版部員が実 […]

2009年度全国典礼担当者会議

 2009年度の全国典礼担当者会議は9月7日(月)から9日(水)まで、御聖体の宣教クララ修道会・軽井沢修道院で開催されました。 15教区の典礼担当者が集まり、日本カトリック典礼委員会の委員と合わせて28名が参加しました。2009年は第2バチカ ン公会議後の1969年に改訂された現行のローマ典礼暦(Calendarium Romanum)が 発表されて40周年にあたっていました。そこで、「典礼暦年の霊性と司牧」をテーマに当典礼委員会の6名の委員が典礼暦年の意味や目的についてプレゼンテーションを行い、これまでの実践や現状をふまえて典礼暦年を司牧・宣教活動にどのように生かすことが できるかについて考えました。

ミサの聖書朗読箇所の訂正について

聖書本文中の「ヤーウェ」の箇所の典礼における読み替え、『聖書 新共同訳』の訂正、ならびにOrdo Missae celebrandae et divini officii persolvendi(Libreria Editrice Vaticana発行)の訂正に基づき、聖金曜日・主の受難、復活の主日・復活徹夜祭、復活の月曜日の聖書朗読箇所を以下のように訂正します。

ミサの聖書朗読箇所の訂正に関するお知らせ

このたびカトリック中央協議会発行の『朗読聖書 聖なる過越の三日間』と『別冊 毎日のミサ 聖週間と復活の八日間』に、下記の訂正を加えて再版いたしますのでお知らせいたします。また、『教会暦と聖書朗読 2010年度』にも該当箇所が含まれておりますので、あわせてお知らせいたします。

ミサの聖書朗読箇所の訂正に関するお知らせ

CGSL09-92 2010 年 1 月 25 日 関係者各 位 ミサの聖書朗読箇所の訂正に関するお知らせ +主の平和 このたびカトリック中央協議会発行の『朗読聖書 聖なる過越の三日間』と『別冊 毎日のミサ 聖週間と復活 […]

「カトリック情報ハンドブック2008」巻頭特集

「カトリック情報ハンドブック2008」 に掲載された巻頭特集の全文をお読みいただけます。 ※最新号はこちらから 特集1 キリスト教界のカルト問題対応  久志利津男 こんな経験ありませんか?  街中を歩いていると、突然見知 […]

福者ペトロ岐部司祭と187殉教者の記念日(7月1日)のミサについて

2008年11月に列福された福者ペトロ岐部司祭と187殉教者の記念日のミサについてお知らせいたします。2009年4月2日開催の常任司教委員会で、2009年は以下の祈願と聖書朗読を用いることが承認されました。

列福式のお礼とご報告

福者ペトロ岐部司祭と187殉教者の列福式は、教皇代理ジョゼ・サライヴァ・マルティンス枢機卿様はじめ、多数の来賓を迎え、昨年11月24日に長崎で滞りなく挙行されました。

「パウロ年」にあたっての典礼秘跡省からの「教令」に関するお知らせ

+主の平和   本年6 月29 日から始まった「パウロ年」にあたり、教皇庁典礼秘跡省は、来年1 月25日(年間第3 主日)のミサに関する「教令」を、本年1 月25 日付で発表しました(添資料参照)。「教令」の内容は、パウ […]

報道関係取材申込開始のお知らせ

2008 年11 月24 日(月・祝)に長崎・ビッグN スタジアムで開催されるローマ教皇庁の公式行事『ペトロ 岐部と187 殉教者』列福式にあたり、報道関係各位の取材申込に関するご案内をいたします。

ペトロ岐部と187殉教者の列福式の開催場所を決定

日本カトリック司教協議会(所在地:東京都江東区潮見2‐10‐10、会長:岡田武夫 東京教区大司教)は、2008年11月24日(月・祝)正午から長崎市で挙行されるペトロ岐部と187殉教者の列福式の会場を、ビッグNスタジアム(正式名称:長崎県営野球場「ビッグNスタジアム」、所在地:長崎市松山町2‐5)に決定しました。

「カトリック情報ハンドブック2007」巻頭特集

「カトリック情報ハンドブック2007」 に掲載された巻頭特集の全文をお読みいただけます。 ※最新号はこちらから 特集1 中国のカトリック教会―歴史、現状、展望  松隈康史  「友人が転勤で中国に行くことになりましたが、中 […]

教皇、「中国の教会のために祈る日」の祈りを発表

5月16日(金)、教皇庁広報部は、教皇ベネディクト十六世が『中華人民共和国の司教、司祭、奉献生活者、信徒への手紙』(2007年5月27日)の中で提案した、5月24日の「中国の教会のために祈る日」のために、教皇が作った「佘 […]

福岡教区、司教任命のお知らせ

2008年3月19日(水)、日本時間午後8時のローマ教皇庁からの発表で、教皇ベネディクト十六世は、大分教区のドミニコ宮原良治司教を福岡教区の司教に任命されました。2006年6月2日、松永久次郎司教が急逝し、福岡教区は司教 […]

「ペトロ岐部と187殉教者の列福式」開催日、決定

 すでにお知らせいたしましたが、教皇ベネディクト十六世は、今年の6月1日14時(日本時間21時)に日本カトリック司教協議会(会長:岡田武夫 東京教区大司教)がかねてから教皇庁に申請していた「ペトロ岐部と187殉教者」の列福の承認する教令(Decretum)に署名し,これを裁可いたしました。その後、列福式の開催場所・開催日等について、バチカンの国務省、列聖省、日本カトリック司教協議会で協議され、この度、正式に発表なりました。

ペトロ岐部と187殉教者の列福式 記者会見

下記画像は、9月29日(土)にカトリック長崎大司教区大司教館で開いた「ペトロ岐部と187殉教者の列福式 記者会見」の動画です。上が冒頭の発表・解説、下が質疑応答の模様です。画像をクリックすると動画が再生されます。
(映像提供:カトリック長崎大司教区広報委員会)

PAGE TOP