東日本大震災

定例司教総会、終了。ミサ典礼書総則の変更箇所や、脱原発について学ぶ

6月15日より、東京・江東区の日本カトリック会館で行われていた2015年度「定例司教総会」は、会期を1日残して18日に終了しました(写真は、今回集まった司教たち=6月15日、隣接する潮見教会聖堂前で)。 報告事項の中で、 […]

仙台教区サポートセンター、DVDとカレンダーで被災地支援の寄付呼びかけ

東日本大震災から4年目を迎え、11日には各地で追悼行事が行われました。行政や他の諸団体同様、カトリック教会も引き続き、司教協議会のボランティア拠点などを通じて被災地支援を続けていきます。 こうした時期にあたり、支援拠点と […]

「東日本大震災復興支援のための祈り」冊子、完成

日本カトリック司教協議会の東日本大震災仙台教区復興支援室が昨秋に募集した、「復興支援のための祈り」を集めた冊子が完成しました。各小教区などに発送されていますが、希望の方は以下のところに電子メールか、FAXで、住所、氏名、 […]

東日本大震災3周年、祈念ミサの祈願文、発表

日本カトリック司教協議会は、各地で行われる東日本大震災の3周年を祈念するミサのための公式祈願と共同祈願の例文を作成し、各教区事務局などに送付しました。 教区・小教区などでこの祈念のミサを行う場合にご利用ください。  ・・ […]

「東日本大震災被災者のための祈りⅡ」決定、および、3周年の司教団ミサ

2月に行われた臨時司教総会において、東日本大震災復興支援の継続について話し合われました。 その結果、引き続き、長崎・大阪・東京の3教会管区が主体となって取り組む支援体制を、今後さらに3年間継続することが決まりました。 併 […]

東日本大震災、ボランティア募集中!

カトリック教会では、2011年3月の東日本大震災の発生以来、被災各地に入ってボランティア拠点を中心に、支援活動を続けています。現在、主な拠点は8箇所あり、そこでは支援活動のためのボランティア募集を続けています。 10月に […]

東日本大震災復興支援のための祈りの募集―― 「あなたの思いを祈りにこめて!」

日本カトリック司教協議会、東日本大震災仙台教区復興支援室は9月30日、全国の人々に向け、復興支援のための新たな祈りの募集を開始しました。以下がその呼び掛け文です。 皆さま、いつも「東日本大震災被災者のための祈り(司教協議 […]

東日本大震災2周年を前にして「犠牲者追悼と復興祈願ミサ」開催のご案内

 東日本大震災発生後2年を迎えるにあたって、日本の全司教が一堂に会す2月の司教総会開催期間、下記の日程で東日本大震災の犠牲者追悼と被災地復興のミサを行うこととなりました。 日本司教協議会の全司教司式で、東日本大震災の犠牲 […]

平賀徹夫仙台司教「東日本大震災救援・復興活動にかかる「新しい創造」基本計画、第3期に向けて」

 東日本大震災から1年9カ月が過ぎようとしています。これまで日本全国からそして全世界から寄せていただいた温かい善意は、未だ止まることなく仙台教区と被災した方々を包んでくださっています。心より厚く御礼申し上げます。

東日本大震災2周年を前にして「犠牲者追悼と復興祈願ミサ」開催のご案内

 東日本大震災発生後2年を迎えるにあたって、日本の全司教が一堂に会す2月の司教総会開催期間、下記の日程で東日本大震災の犠牲者追悼と被災地復興のミサを行うこととなりました。
日本司教協議会の全司教司式で、東日本大震災の犠牲者の方々を追悼し、被災地の一日も早い復興のために祈りをささげます。皆様のご参加をお待ちいたしております。

日本カトリック司教団主催「東日本大震災1周年ミサ」

-2月15日 東京カテドラル関口教会聖マリア大聖堂で-  日本カトリック司教協議会(日本カトリック司教団、会長・池長潤 大阪教区大司教)は東日本大震災1周年を前にして、2月15日(水)午後5時から司教団主催による『犠牲者 […]

東日本大震災一周年を前にして「犠牲者追悼と復興祈願ミサ」開催のご案内

 東日本大震災発生後一年を迎えるにあたって、日本の全司教が一堂に会す2月の司教総会開催期間、下記の日程で東日本大震災の犠牲者追悼と被災地復興のミサを行うこととなりました。
日本の司教方とともに、東日本大震災の犠牲者の方々を追悼し、被災地の一日も早い復興のために祈りをささげましょう。皆様のご参加をお待ちいたしております。

「東日本大震災一周年にあたり追悼と再生を願う合同祈祷集会」のお知らせ(2012年3月11日)

東日本大震災から一年を迎える2012年3月11日(日)、カトリック中央協議会と日本キリスト教協議会の共催で、「東日本大震災一周年にあたり追悼と再生を願う合同祈祷集会」を全国各地で開催することになりました。犠牲となったかたがたを偲び、慰めと希望、新しい勇気と知恵を求めて、ともに祈りたいと思います。各地で予定されている合同祈祷集会に、多くの方が参列して下さいますようお願いいたします。

東日本大震災の犠牲者と被災地復興のための公式祈願

 2012年3月11日(日)四旬節第3主日は、東日本大震災1周年当日に当たります。そこで、日本カトリック司教協議会常任司教委員会は、当日のミサで唱えるための公式祈願を作成しました。四旬節第3主日のミサでは通常、洗礼志願者がいる場合、「洗礼志願者のための典礼」の公式祈願が用いられますが、本年3月11日には以下の公式祈願を使用することも可能としましたので、お知らせいたします。

平賀徹夫仙台司教「東日本大震災救援・復興活動にかかる「新しい創造」基本計画、第2期に向けて」(2011年9月11日)

この半年、日本全国からそして全世界から、仙台教区と被災した方々のため、被災地の復興のために、本当に多くの方々の善意が寄せられました。厚く御礼申し上げます。

3.11東日本大震災を心にとめ 死者への追悼・被災者への慰め・被災地の再生を求める礼拝

2011年3月11日の東日本大震災から6か月となる9月11日(日)、カトリック中央協議会と日本キリスト教協議会の共催で、「3.11東日本大震災を心にとめ、死者への追悼・被災者への慰め・被災地の再生を求める礼拝」を開催することになりました。大震災から半年を経て、新たにこの出来事を心にとめ、共にすべての人々と結び合いながら、犠牲者を追悼し、被災者の慰めと再生のために祈りたいと思います。

教皇庁開発援助促進評議会議長ロベール・サラ枢機卿の仙台教区カテドラル元寺小路教会におけるミサ説教

2011年5月15日(日)午前9時30分から、仙台教区カテドラル元寺小路教会にて、東日本大震災被災地視察のため5月13日から17日まで来日した教皇庁開発援助促進評議会議長ロベール・サラ枢機卿主司式により、復活節第4主日のミサがささげられました。以下はミサにおけるサラ枢機卿の説教の全文の邦訳です(原文英語)。当日の朗読箇所は、使徒言行録2・14a、36-41、詩編23、一ペトロ2・20b-25、ヨハネ10・1-10でした。

教皇庁開発援助促進評議会議長ロベール・サラ枢機卿来日について

5月13日(金)から17日(火)まで、教皇庁開発援助促進評議会議長のロベール・サラ(Robert Sarah)枢機卿が来日します。サラ枢機卿は、教皇ベネディクト十六世により、東日本大震災被災者との連帯を目に見える形で示すために教皇代理として派遣されたものです。なお、サラ枢機卿には教皇庁開発援助促進評議会次長のセグンド・テハド・ムニョス師(Mons. Segundo Tejado Muñoz)も同行します。

東日本大震災被災者のための祈り

「東日本大震災被災者のための祈り」訂正のお願い

聖金曜日・主の受難の祭儀の盛式共同祈願に加える意向について

2011年4月7日(木)開催の日本カトリック司教協議会常任司教委員会において、聖金曜日に行われる主の受難の祭儀の盛式共同祈願の意向として、東日本大震災の被災者のための意向を準備することが承認されました。

1 / 3123

PAGE TOP