お知らせ:聖人・福者

カトリック田辺教会で「高山右近列福祈願ミサと講演会」

京都教区山城ブロック(田辺、宇治、精華、青谷、八幡)では10月19日(土)にカトリック田辺教会でイエズス会平林冬樹神父様(日本カトリック司教協議会 列聖列福特別委員会秘書)をお迎えして「高山右近列福祈願ミサと講演会」を開催しました。

福者ヨハネ二十三世、ヨハネ・パウロ二世の列聖式、来年4月27日に

教皇フランシスコは、9月30日、教皇庁枢機卿会議の間で福者ヨハネ二十三世とヨハネ・パウロ二世の列聖のための通常枢機卿会議を開きました。 そこで教皇は、両福者の列聖式を、来年4月27日、復活節第二主日、神のいつくしみの主日 […]

カトリック河原町教会で高山右近列福祈願朗読劇「神の戦士ユスト高山右近」

劇団フィオレッティが主催する、高山右近列福祈願朗読劇「神の戦士 ユスト高山右近」が、9月29日(日)京都教区カトリック河原町教会で初演されました。
(原作 菊井薫、脚本 西田明子、演出 伊丹伝、衣装 すわらじ劇団衣装部、音響 山下浩一(USS)、制作 李家隆美、西田明子)

【報告】カトリック小豆島教会で高山右近祭

カトリック小豆島教会(高松教区・デジデリオ・カンバラ神父)では7月21日に「第7回高山右近祭」が開かれました。

カトリック小豆島教会で高山右近祭開催

カトリック小豆島教会(高松教区・デジデリオ・カンバラ神父)では2013年7月21日に「高山右近祭」を開催します。

教皇ヨハネ・パウロ二世とヨハネ二十三世、列聖へ

教皇フランシスコは7月5日、福者ヨハネ・パウロ二世教皇(在位1978~2005年)、ならびに福者ヨハネ二十三世教皇(同1958~63年)を列聖する教令発布を承認し、2人の元教皇が聖人の列に加えられることが決定しました。 […]

日本カトリック女性団体連盟大阪総会 基調講演は「高山右近の霊性に学ぶ」

サクラ ファミリア(カトリックセンター・大阪教区)で日本カトリック女性団体連盟(日カ連)第39回大阪総会が開かれ、約100人が全国から集まりました。

右近こどもまつり

キリシタン大名高山右近が少年時代を過ごした奈良県宇陀市榛原(はいばら)区で「第44回右近こどもまつり」が開かれました。

「高山右近に学ぶ信仰者の生き方」-溝部脩司教の講演会-

東京教区豊多摩北宣教協力体は、信仰年の行事の一つとして、豊島教会(豊島区)を会場に、上記をテーマとする溝部脩司教の講演会を4月20日(日)11:00から開催しました。

右近列福祈願ミサと講演会

カトリック司教協議会列聖列福特別委員会は、大阪教区(池長潤大司教)と共に2月3日、ユスト高山右近の列福祈願ミサと講演会を開催、会場の大阪・城星学園講堂には約800人が集った。400年前のキリシタン大名右近の生涯を知ることで、神がへりくだられた意味を深く理解し、キリスト者であることの使命を再確認する機会となった。 カトリック新聞オンラインより

ユスト高山右近 列聖祈念募金 受付開始しました

高山右近は、福音を日本に根付かせたいとの大きな夢に生涯をかけました。400年の時を越え、右近の熱い思いは、今を生きる教会の行く手を示し、勇気を与え続けています。右近の思いを現代に生かすことは、司教団始め日本の教会全体の悲願です。一人でも多くの方が、この運動に加わり、お力添えをいただけるように願ってやみません。

「あかしする信仰 東海・北陸のキリシタン史跡巡礼」が名古屋教区殉教者顕彰委員会より発行

二十六聖人列聖150年、カトリック名古屋教区(知牧区)設立90年、司教区になって50年の節目である2012年度末に「あかしする信仰 東海・北陸のキリシタン史跡巡礼」が刊行されました。

高山右近のテーマ曲

高山右近のテーマ曲 列聖推進委員会(旧 列聖列福特別委員会)では、前委員長 溝部脩司教が、Sr.前田智晶(イエスのカリタス修道女会)に高山右近のテーマ曲を委嘱し「主こそ わが光-祈る右近」という曲が生まれました。楽譜と音 […]

「現代にひびく右近の霊性」発行のお知らせ

「現代にひびく右近の霊性」 右近の霊性をいっそう深く知り、日々の信仰生活に役立てることのできる小冊子 この小冊子は、列聖列福特別委員会が、高山右近の生涯から、現代に生きる教会へのメッセージを読み取り、できるかぎり分かりや […]

福者ペトロ岐部司祭と187殉教者の記念日(7月1日)のミサについて

2008年11月に列福された福者ペトロ岐部司祭と187殉教者の記念日のミサについてお知らせいたします。2009年4月2日開催の常任司教委員会で、2009年は以下の祈願と聖書朗読を用いることが承認されました。

列福式のお礼とご報告

福者ペトロ岐部司祭と187殉教者の列福式は、教皇代理ジョゼ・サライヴァ・マルティンス枢機卿様はじめ、多数の来賓を迎え、昨年11月24日に長崎で滞りなく挙行されました。

報道関係取材申込開始のお知らせ

2008 年11 月24 日(月・祝)に長崎・ビッグN スタジアムで開催されるローマ教皇庁の公式行事『ペトロ 岐部と187 殉教者』列福式にあたり、報道関係各位の取材申込に関するご案内をいたします。

ペトロ岐部と187殉教者の列福式の開催場所を決定

日本カトリック司教協議会(所在地:東京都江東区潮見2‐10‐10、会長:岡田武夫 東京教区大司教)は、2008年11月24日(月・祝)正午から長崎市で挙行されるペトロ岐部と187殉教者の列福式の会場を、ビッグNスタジアム(正式名称:長崎県営野球場「ビッグNスタジアム」、所在地:長崎市松山町2‐5)に決定しました。

「ペトロ岐部と187殉教者の列福式」開催日、決定

 すでにお知らせいたしましたが、教皇ベネディクト十六世は、今年の6月1日14時(日本時間21時)に日本カトリック司教協議会(会長:岡田武夫 東京教区大司教)がかねてから教皇庁に申請していた「ペトロ岐部と187殉教者」の列福の承認する教令(Decretum)に署名し,これを裁可いたしました。その後、列福式の開催場所・開催日等について、バチカンの国務省、列聖省、日本カトリック司教協議会で協議され、この度、正式に発表なりました。

ペトロ岐部と187殉教者の列福式 記者会見

下記画像は、9月29日(土)にカトリック長崎大司教区大司教館で開いた「ペトロ岐部と187殉教者の列福式 記者会見」の動画です。上が冒頭の発表・解説、下が質疑応答の模様です。画像をクリックすると動画が再生されます。
(映像提供:カトリック長崎大司教区広報委員会)



PAGE TOP