お知らせ:日本司教団関連

「ユスト高山右近 いま、降りていく人へ」発行のお知らせ

かねてより列聖列福特別委員会で監修作業を続けてまいりました、 新刊「ユスト高山右近 いま、降りていく人へ」が2014年1月末にドン・ボスコ社より発刊されました。 古巣 馨 著 カトリック司教協議会列聖列福特別委員会 監修 […]

「宗教者の使命 ―寄り添う いのち―」発行のご案内

「宗教者の使命 ―寄り添う いのち―」 (「宗教者の使命 ―自死をめぐって―」2013シンポジウム記録) 日本カトリック司教協議会 諸宗教部門では、2011年から東京、福岡でシンポジウム「宗教者の使命 ―自死をめぐって― […]

正義と平和協議会の担当司教、勝谷司教に

2月に行われた臨時司教総会の決定により、2月18日より、日本カトリック正義と平和協議会の担当司教が松浦悟郎司教(大阪教区)から、勝谷太治司教(札幌教区)に交替しました。 任期は、他の諸委員会等担当司教と同じく、2016年 […]

「現代にひびく右近の霊性」

高山右近の霊性について学び、日々の信仰生活を深めることを目的に、カトリック司教協議会、列聖列福特別委員会が作成した小冊子、「現代にひびく右近の霊性」の紹介はこちら。

第6回アジアンユースデーの参加者を募集

※アジアン・ユース・デーの参加申し込みは、 定員になりましたので、締め切らせていただきました。 青少年司牧部門では、2014年8月10日(日)~8月17日(日)に韓国で行われる 「第6回アジアンユースデー(AYD)」の参 […]

正平協、原発に関するアンケート募集

日本カトリック正義と平和協議会は、「原発に関するアンケート」を作成し、みなさまからの回答を求めています。 2011年3月、東日本大震災後に原発事故が発生、カトリック司教団はその秋に原発の即時廃止を訴えるメッセージを発表し […]

「司教のための社会問題研修会」沖縄で開催

日本カトリック社会司教委員会(委員長・大塚喜直司教)は12月17日から19日まで、ことしの「司教のための社会問題研修会」を開き、沖縄各地を訪問しました。今回は、日本の9司教に加え、韓国から、カン・ウイル(姜禹一)司教(チ […]

難民委、タイ人一斉送還へ抗議声明

難民移住移動者委員会は13日、法務省入国管理局に対し、同局が12月8日に行った、被収容タイ人46人の一斉強制送還に対し、抗議する声明を発表しました。 この送還は、7月にフィリピン人75人に対して実施されたものに次いで、2 […]

常任司教委、「特定秘密保護法」成立に抗議

12月6日夜、参議院本会議で「特定秘密保護法」が成立したことを受け、日本カトリック司教協議会の常任司教委員会は、7日、安倍首相に宛て抗議声明を送付しました。 その中で、範囲が曖昧な「特定秘密」が増大することで、政府からの […]

カリタスジャパン、12月10日の反貧困キャンペーン「祈りのウェーブ」を呼び掛け

カリタスジャパンは、国際カリタスが始める、世界の飢餓を解決しようとする祈りと行動による世界キャンペーン(2015年5月まで続く)に参加します。 その最初の日にあたる12月10日(「世界人権デー」でもある)、世界各地でそれ […]

「HIV/AIDSについて話したことがありますか」発行

カトリック中央協議会HIV/AIDSデスクでは「HIV/AIDSについて話したことがありますか」(B5判20頁)を発行しました。(2013/12/01発行)  日本では10年前と比較してHIV/AIDSが1.6倍になって […]

世界エイズデー(12月1日)ポスター発行

11月28日、HIV/AIDSデスクは、12月1日の「世界エイズデー」に向けたポスターを作成しました。このページからもダウンロードできます。皆さんご活用ください。 世界エイズデー(毎年12月1日)は、世界レベルでのエイズ […]

「人権シンポジウム記録集・すべての人の人権を大切に」のご案内

 2009年、社会司教委員会は「すべての人の人権を大切に」をテーマに全国三カ所で人権シンポジウムを開催いたしました。

【カリタスジャパン】 〈フィリピン台風〉救援募金のお願い

11月8日、観測史上最大と言われる台風「ハイヤン」がフィリピンを襲いました。同国中部の島々に上陸したこの台風は、各地に大きな爪痕を残し、初期の段階の見積りでも、一つの州だけで1万人もの死者、そして数百万人の避難者が報告さ […]

2014年キリスト教一致祈祷週間(1月18日~25日)

キリストは幾つにも分けられてしまったのですか 一コリント1:1-17 2014年キリスト教一致祈祷週間(1月18日~25日) 2014年のキリスト教一致祈祷週間が、2014年1月18日(土)~25日(土)、全世界で行われ […]

正義と平和協議会、「秘密保護法」に反対表明

正義と平和協議会は11月1日、会長の松浦悟郎司教名で、現在国会で審議中の「特定秘密の保護に関する法律案」に反対を表明し、同日、安倍晋三首相宛に反対の意向を伝える書簡を送付しました。 書簡では、「『特定秘密』の指定を行政側 […]

聖書週間 2013年11月17~24日

聖書週間について 聖書週間は、1976年5月の定例司教総会で、全国的に聖書に親しみ、聖書をより正しく理解するための運動として「聖書週間」設定案が当時の宣教司牧司教委員会から提出され、同年11月の臨時司教総会において197 […]

11/9 『典礼憲章』発布50周年記念講演会

1963年12月4日、第2バチカン公会議最初の公文書として『典礼憲章』が可決されました。今年はその50周年に当たっています。『典礼憲章』の発布によって、カトリック教会の典礼は大きく変わり、その影響は他の諸教派にも及んでい […]

シンポジウム「宗教者の使命 ――自死をめぐって」ご案内

諸宗教部門主催によるシンポジウム「宗教者の使命 ――自死をめぐって」は今年、カトリック大阪梅田教会(サクラファミリア)で開催いたします。一昨年の東京会場、昨年の福岡会場と同じように、仏教、神道の皆様方とともにパネリスト4 […]

『聖職者による子どもへの性虐待に対応するためのマニュアル』

「性虐待は子どもの生きる権利を侵害し、子どもを深く傷つける深刻な問題です。まして教会の中で、司祭・修道者がその立場を利用して弱い立場におかれている子どもの人権を侵害するような性虐待は本来絶対あってはならないことです。しかし、その後も聖職者による子どもへの性虐待事件が世界各地で次々と明るみになり、責任ある立場の者が適切な対応をとらなかった責任が大きく問われています。」(マニュアル2ページ)

8 / 9« 先頭...789

PAGE TOP