日本司教団関連文書

日本カトリック司教協議会 会長談話「信仰年」を終えて新しい年を迎えるにあたり

日本カトリック司教協議会 会長談話 「信仰年」を終えて新しい年を迎えるにあたり  「信仰年」を終えて新しい年を迎えるにあたり、日本カトリック司教協議会より全国の皆さんに挨拶を送ります。 教皇ベネディクト十六世の定めた「信 […]

抗議声明文 ~2013年12月26日首相の靖国神社参拝~

内閣総理大臣 安倍 晋三殿 抗議声明  私たち日本カトリック正義と平和協議会は、かつて我が国がアジア諸国に対して犯した侵略戦争を悔い、平和主義、国民主権、基本的人権の尊重の立場から、アジアに平和と平等の友愛の社会が確立す […]

チャーター機によるタイ人の一斉送還に対する抗議声明

法務省入国管理局長  榊原一夫様 チャーター機によるタイ人の一斉送還に対する抗議声明  12月8日、法務省入国管理局は、入国管理施設に収容されていたタイ人46名をチャーター機により強制送還しました。今年7月6日のフィリピ […]

抗議声明文「特定秘密保護法」の強行採決に断固抗議します

内閣総理大臣 安倍晋三 殿 抗議声明文 2013年12月7日 「特定秘密保護法」の強行採決に断固抗議します   日本カトリック司教協議会常任司教委員会は、日本国憲法の基本原理を尊重し、人間の尊厳に関わる自由で平和な社会を […]

フィリピン台風に関するメッセージ

フィリピン台風に関するメッセージ フィリピン人共同体の皆さまへ  この度、フィリピンでの台風30号によって多くの死者と大変な被害が出たことについて、心からお見舞い申し上げます。  皆さまの中には被災地に家族や親せき、友人 […]

ペトロ・カスイ岐部神父ほか187人の列福を求める祈り

いつくしみ深い神よ、 主の僕、ペトロ・カスイ岐部神父ほか187名は、 主キリストへの愛と同胞の救いのため、 いかなる苦しみや労苦にも屈せず 福音を伝え、ついに殉教の死を遂げられました。 かれらが蒔き、 己が血でうるおした […]

日本カトリック正義と平和協議会は「特定秘密保護法案」に反対します

内閣総理大臣 安倍晋三殿 日本カトリック正義と平和協議会は「特定秘密保護法案」に反対します  私たち日本カトリック正義と平和協議会は、日本国憲法の基本原理を尊重する立場から、また人間の尊厳に関わる自由で平和な社会を求める […]

第99回 世界難民移住移動者の日(2013年度) 委員長メッセージ

移住者は「信仰と希望の旅」の友  移住者は、そのはじめを期待と不安、そしてある場合には恐怖さえ感じながら一歩を踏み出します。それでも前教皇ベネディクト16世はメッセージの中で、移住を「信仰と希望の旅」と位置づけました。そ […]

「船員の日」 メッセージ 2013年

「見えない船員」に思いを寄せて  夏の訪れとともに、今年も「船員の日」を迎えます。子どもたちにとって海は楽しい、あこがれの場所であり、大人にとっても眺めるだけで心が和む場所です。島国である日本において海は、身近で生活の一 […]

2013年 平和旬間 日本カトリック司教協議会 会長談話

2013年 平和旬間  日本カトリック司教協議会会長談話 平和旬間を迎えるにあたり  平和と正義を祈り願うわたしたちは、今年、ヨハネ二十三世教皇(在位:1958~1963年)が教会とすべての善意の人々に宛てた回勅『パーチ […]

2013年G8主要先進国首脳に宛てた各国司教協議会からの書簡

日本 首相 安倍晋三 様 イギリス連合王国 首相 デヴィッド キャメロン 様 カナダ 首相 スティーブン ジョセフ ハーパー 様 フランス共和国 大統領 フランソワ オランド 様 ドイツ連邦共和国 首相 アンジェラ メル […]

東日本大震災2周年 司教協議会会長談話

再び3月11日を迎えるにあたって  東日本大震災から丸2年を迎えようとしています。現在もなお、被災地の方々が平安や希望を取り戻されたとか、復興の目処が立ったとかとは、とてもいえない状態が続いています。そこで、日本のカトリ […]

日本カトリック学校としての自己点検評価基準

日本における、カトリック学校としての自己点検評価基準です。

使徒座空位中ならびに新教皇選出時のミサについて

 教皇ベネディクト16世は2月28日午後8時(日本時間3月1日午前4時)をもって教皇職を離れます。その後、新教皇が選出されるまでは使徒座空位となります。使徒座空位中ならびに新教皇が選出されたときにミサをささげる場合は、以下の点に留意してください。

第265代教皇ベネディクト十六世の教皇職辞任発表を受けて

第265代教皇ベネディクト十六世の教皇職辞任発表を受けて 2月11日(月)、ベネディクト十六世教皇の突然の辞任発表をニュースで知り、大変驚いています。教皇は、神に召されるまではその職を辞することはないと思われていたからで […]

「信仰年」を迎えるにあたって日本の教会の課題

 教皇ベネディクト十六世が呼びかける「信仰年」(2012年10月11日-2013年11月24日 王であるキリストの祭日)は、カトリック教会の信仰の遺産を保持した上で、新しい時代への適応を打ち出した第二バチカン公会議の教えをどのように実施しているかを振り返り、これからの歩みを整え、『カトリック教会のカテキズム』を学び、その内容を確認した上で信仰生活を刷新することを目的としています。
 日本の司教団はこの一年を、教皇の意向に従い(1)、第二バチカン公会議が打ち出した信仰の刷新と50年の日本の福音宣教の歩みを確認し、推進する年にしようと考えています。

日本カトリック司教団「信仰年」メッセージ

日本カトリック司教団「信仰年」メッセージ -信仰の恵みを見つめ直す旅に招かれて- キリストにおける兄弟姉妹の皆さん  教皇ベネディクト十六世の自発教令『信仰の門』の呼びかけに応えて、わたしたちは全世界のカトリック教会とと […]

2012年 平和旬間 日本カトリック司教協議会 会長談話

内閣総理大臣 野田佳彦様 防衛大臣    森本 敏様 沖縄防衛局長 武田博史様 オスプレイの沖縄普天間基地配備に抗議します。    10月1日、アメリカ軍の新型輸送機オスプレイが沖縄県普天間飛行場に配備されました。沖縄県 […]

第98回 世界難民移住移動者の日 委員長メッセージ

移住者と共に新しい福音宣教を  日本には多くの移住者が生活していますが、その一人ひとりが生きる支えとなる信仰を保つことができるようにすることは、すなわち、その人を大切にするということなのです。  教皇ベネディクト16世は […]

2012年 平和旬間 日本カトリック司教協議会 会長談話

2012年 平和旬間 日本カトリック司教協議会 会長談話 「平和への道は命を尊び大切にする道」  今年も「日本カトリック平和旬間」が巡ってきました。1981年2月、教皇ヨハネ・パウロ二世は広島平和記念公園で「戦争は人間の […]

PAGE TOP