諸文書

1994年「世界平和の日」教皇メッセージ

1994年「世界平和の日」メッセージ
(1994年1月1日)
「家庭こそが人類家族の平和を創る」

1994「世界病者の日」教皇メッセージ

1994「世界病者の日」教皇メッセージ
キリストは、ご自身で苦難を担われた

1994年「第31回 世界召命祈願日」教皇メッセージ

家庭は召命のための自然環境

展望 – 福音宣教する日本の教会の刷新のために

はじめに  このたび、殉教の地、長崎に集い、福音宣教のあり方を探る機会を与えられまし たことを神に感謝いたします。  1987年第1回福音宣教推進全国会議において、生活から信仰の見直しをする ことが確認されました。「信仰 […]

滞日外国人労働者支援について

日本におけるカトリック教会の皆さん ならびにすべての善意の人々へ 滞日外国人労働者支援について  滞日外国人労働者支援のヴォランティア活動をしていた福岡市の信者青柳行信さんが、 9月27日「出入国管理及び難民認定法」違反 […]

1994年 四旬節メッセージ

1994年 四旬節メッセージ
「愛を大事にする家族、家族を大事にする愛」

朗読聖書 -聖なる過越の三日間-

 

教皇ヨハネ・パウロ二世 回勅「真理の輝き」

 

1993年平和旬間 岡田司教メッセ-ジ 過去を振り返ることは 将来に対する責任を担うことです

 「戦争は人間のしわざです。戦争は人間の生命の破壊です。戦争は死です。・・」    1981年2月25日、広島を訪問された教皇ヨハネ・パウロ2世は力強く、全世界に 向かって『平和アッピール』を発表されました。教皇はこのア […]

1994年 世界移住の日メッセ-ジ

毎年、各国の教会はそれぞれの司教協議会で決めた日に「世界移住の日」を設けています。 1993-1994年の「世界移住の日」のために教皇は、移住が家族に与える強い影響力と、移住家族が生活している社会の完全な一員となることができるように教会と国家が与えるべき援助について語るメッセ-ジを出しました。このメッセ-ジの原文はイタリア語で書かれています。

皇太子結婚の儀についての要望書

内閣総理大臣 宮沢喜一殿 要望書   来る6月9日は、国の行事としての皇太子の「結婚の儀」と、その日を休日とするこ とが決定されていますが、この儀式は神道により、天皇家の祖先を祀る皇居・賢所で行 われると伺っています。 […]

破壊から創造へ

四旬節キャンペーン課題解説 破壊から創造へ 母なる大地の危機 地球が誕生して46億年。長い時間をかけて、生きとし生けるものは、そのかけがえ のない生と死をとおして、この母なる地球を生命に満ちた贈り物として、私たちに与え […]

1993年「世界広報の日」教皇メッセージ

1993年「世界広報の日」教皇メッセージ 「文化と良心を形成するビデオカセットとオーディオカセット」 親愛なる兄弟姉妹の皆様へ  コミュニケーション・メディアについての司牧指針『新しい時代』が出版されて1年が経ち、指針が […]

国籍を越えた神の国をめざして

 

家庭における性教育

 

1993年「世界平和の日」教皇メッセージ

1993年「世界平和の日」メッセージ
(1993年1月1日)
「平和を望むなら貧しい人に手をさしのべよう」

部落差別の克服をめざして 部落問題に関するカトリック教会の基本姿勢

 

地球は神のもの、すべての被造物のもの

環境問題について  はじめに   環境問題は、オゾン層破壊や地球温暖化現象のように、いまや一国だけで解決できる 問題ではなく、全地球的、さらに宇宙的な問題としてとらえなければならない状況にな っており、いろいろな分野で国 […]

1993年 四旬節メッセージ

1993年 四旬節メッセージ
「渇く」(ヨハネ19・28)

第2回福音宣教推進全国会議課題発表に際しての司教団メッセージ

信徒、修道者、司祭の皆さま  ちょうど2年前(1990年8月)、司教団は、第2回福音宣教推進全国会議(以下、「第2回全国会議」と略します)のテーマを「家庭」とし、皆さまにこのテーマをどの ように取り上げたらよいかを考えて […]

94 / 102« 先頭...2040...939495...100...最後 »

PAGE TOP