諸文書

ドビヨン・ガレロン両神父についての要望

法務大臣 遠藤 要様 日本のカトリック教会の宣教師であるマキシム・ドビオン神父とヘスス・アルフォン ソ・ガレロン神父は、指紋押捺拒否を理由に、在留期限がそれぞれ1986年12月6 日、8日に切られ、現在不法残留扱いになっ […]

第1回福音宣教推進全国会議(NICE1)課題

日本のカトリック教会の皆さま  皆さまの熱心な討議の結晶ともいうべき第1回福音宣教推進全国会議(以下、第1回 全国会議と略します)課題案をお送りいただきありがとうございました。  私ども司教団は、12月9日から開催された […]

1987年「世界平和の日」教皇メッセージ

1987年「世界平和の日」メッセージ
(1987年1月1日)
「発展と連帯:平和への二つの鍵」

東京カテドラルのミサにおける白柳誠一大司教の説教

第4回アジア司教協議会連盟総会 (1986年9月21日 東京カテドラルのミサにおける白柳誠一大司教の説教よりの抜粋) FEDERATION OF ASIAN BISHOPS CONFERENCE FOURTH PLENA […]

教皇ヨハネ・パウロ二世 使徒的書簡「ヒッポのアウグスチヌス」

 

宣教へのてびき

 

金明植氏の在留更新を求めて 要望書

法務大臣 鈴木省吾殿  1984年2月私どもは、内閣総理大臣、法務大臣、自治大臣にあて建議書を提出し、日本が多くの韓国人、朝鮮人の兄弟姉妹に不正と苦しみ、死までも与えた歴史的事実を 正直に直視し、この罪の許しを乞い、回心 […]

教皇ヨハネ・パウロ二世 回勅「聖霊 生命の与え主」

 

1986年 世界布教の日にあたって

1986年 世界布教の日にあたって

教会学校の手引き

 

宣教への招き

 

社会に福音を 福音宣教推進全国会議資料

 

外登法問題等に関する要望書

法務大臣 鈴木省吾殿  1986年1月7日付けで、法務大臣に宛て、私どもが指紋押捺拒否者に対して国外 退去措置を講ずる法的根拠を明らかにしていただきたいという趣旨のご質問状を提出いたしましたところ、1月24日付けで、貴省 […]

1986年「第23回 世界召命祈願日」教皇メッセージ

1986年「第23回 世界召命祈願日」教皇メッセージ 兄弟姉妹の皆さん 「善き牧者の主日」ともいわれる復活節第4主日に、例年のごとく、第23回世界召命祈願日を迎えます。この機会に、私は喜びと希望に溢れて神の民にメッセージ […]

外国人登録法について質問状

法務大臣 鈴木省吾殿   1984年2月28日付けで、日本カトリック司教協議会社会司教委員会は、総理大臣、法務大臣、自治大臣に宛てて建議書を送り、外国人登録法の改正および指紋押捺制 度と外国人登録証の常時携帯義務の廃止を […]

被差別部落解放のための基本的な法制定の要望

内閣総理大臣 中曽根康弘殿  日本のカトリック教会は、キリストの教えに従い、あらゆる差別のない社会を築こう と努力し、特にいま部落差別問題に取り組むことがキリスト者として欠くことのできな い義務であることを自覚しています […]

1986年「世界平和の日」教皇メッセージ

1986年「世界平和の日」メッセージ
(1986年1月1日)
「平和、それは限りなく、価値あるもの。東西、南北―ひとつの平和」

教皇庁 教育省「司祭養成における典礼教育指針」

 

教皇庁 開発援助促進評議会「教会の中心にある愛の奉仕職について」

 

部落解放基本法制定を求める署名について

カトリック信者の皆さん + キリストの平和!  皆様ご承知のように、私たちの主キリスト様は、すべての人の救いをお望みになりま す。  現代の社会には、天災、病気などだけでなく、飢餓、戦争、差別、抑圧などの悪がは びこって […]

PAGE TOP