諸文書

宣教師の在留不許可理由についてのご質問

法務大臣 林田悠紀夫殿 今年6月1日より改正された外国人登録法が施行されております。施行前日には、法 務大臣談話において、指紋拒否者にたいする再入国不許可、在留不許可などのいわゆる報復措置はない旨の発言があり、わたしたち […]

教皇庁 教育省「人間愛についての指針 性教育のためのガイドライン」

 

ともに喜びをもって生きよう 第1回福音宣教推進全国会議にこたえて

 

教皇ヨハネ・パウロ二世 回勅「真の開発とは 人間不在の開発から人間尊重の発展へ」

 

1988年「世界平和の日」教皇メッセージ

1988年「世界平和の日」メッセージ
(1988年1月1日)
「信教の自由」-平和な共存のための条件―

聖母マリアに対する崇敬 一九八七年「マリアの年」にあたって

 

ボネット神父の在留期間更新の要望

法務大臣 遠藤 要様 日本のカトリック教会の宣教師であるビセンテ・ボネット神父は、指紋押捺拒否を理由に、東京入国管理局より、本年6月14日に在留期間を過ぎたので「退去強制手続及び処罰の対象となる」旨通知を受けました。 同 […]

教皇庁 教理省「生命のはじまりに関する教書 人間の生命のはじまりに対する尊重と生殖過程の尊厳に関する 現代のいくつかの疑問に答えて」

 

教会学校・リーダーの手引き

 

アジアと世界における信徒の召命と使命 第4回アジア司教協議会連盟総会最終報告

 

教皇庁 教理省「自由の自覚 キリスト者の自由と解放に関する教書」

 

教皇ヨハネ・パウロ二世 回勅「救い主の母」

 

1987年「第24回 世界召命祈願日」教皇メッセージ

1987年「第24回 世界召命祈願日」教皇メッセージ 司教職にある兄弟の皆さま、ならびに全世界の兄弟、姉妹の皆さま、  教会では、本年5月10日(日)が、第24回世界召命祈願日にあたっています。この世界的行事は、すべての […]

1987年「世界広報の日」教皇メッセージ

1987年「世界広報の日」教皇メッセージ 《新しい社会づくり-あなたが支える正義と平和一》 正義と平和に奉仕する広報機関  皆さん、  社会的コミュニケーションの諸手段は交流と対話に欠かせないものです。私は教皇として先任 […]

部落解放基本法制定の要望

内閣総理大臣 中曽根康弘様 私どもは、1986年12月12日付けの各新聞の報道によって、その前日、地域改 善対策協議会が政府に対して「意見具申」を行ったことを知りました。 この意見具申は、同協議会の基本問題検討部会が8 […]

ドビヨン・ガレロン両神父についての要望

法務大臣 遠藤 要様 日本のカトリック教会の宣教師であるマキシム・ドビオン神父とヘスス・アルフォン ソ・ガレロン神父は、指紋押捺拒否を理由に、在留期限がそれぞれ1986年12月6 日、8日に切られ、現在不法残留扱いになっ […]

第1回福音宣教推進全国会議(NICE1)課題

日本のカトリック教会の皆さま  皆さまの熱心な討議の結晶ともいうべき第1回福音宣教推進全国会議(以下、第1回 全国会議と略します)課題案をお送りいただきありがとうございました。  私ども司教団は、12月9日から開催された […]

1987年「世界平和の日」教皇メッセージ

1987年「世界平和の日」メッセージ
(1987年1月1日)
「発展と連帯:平和への二つの鍵」

東京カテドラルのミサにおける白柳誠一大司教の説教

第4回アジア司教協議会連盟総会 (1986年9月21日 東京カテドラルのミサにおける白柳誠一大司教の説教よりの抜粋) FEDERATION OF ASIAN BISHOPS CONFERENCE FOURTH PLENA […]

教皇ヨハネ・パウロ二世 使徒的書簡「ヒッポのアウグスチヌス」

 

98 / 102« 先頭...2040...979899...最後 »

PAGE TOP